まず、ウクライナといえば、の映画は「ひまわり」でしょう。

「ひまわり」

第二次世界大戦で引き裂かれた男女。マスチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレン。ビットリオ・デ・シーカ監督。名作だよね。

そして、ウクライナの国旗といえば。

ウクライナ国旗。

この2色ですが。ひまわりが地面に広がり、そしてその上に抜けるような青空。その2トンカラーをイメージしたものらしい。

これね。

なので、「ひまわり」といえばウクライナ。ウクライナといえばひまわり。そういう映画です。

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」

そして、「赤い闇」。これは、怖い。歴史を思えば、こういう話だというのは簡単に理解できるのだけれど、それでも、つまり解っていても、「怖い」。

ホロドモール。ウクライナ人に対する虐殺と認定されたジェノサイド。そのやり口が本当に恐ろしい。餓死させるのだ。見てみれば解る。恐ろしい。そしてそれを隠している為に、外へは出ない情報。それを「おかしいなぁ?」と思ったジャーナリストが単身で乗り込む。そしてソ連からウクライナへと渡る。そして・・・そこで見た光景とは?

これもまた強くオススメですね。

「ウクライナクライシス」

これは、2014年のウクライナ内戦を描いた強烈にリアリティのある映画。怖いよぉ。これもまたとっても怖いよぉ。

だって、2014年だぜ。内戦つったって、ロシアが介入してきたから内戦になっちゃってるけど、内戦というよりはテンテンテンだぜ。

そして、ロシアお馴染みの「自演乙」も暴かれていて、とても怖い。

「ウクライナクライシス」予告編

「ザ・トライブ」

ですが、なんといっても、僕がオススメしたいのは、このブログで過去にも書いたけど、「ザ・トライブ」です。

台詞がひとつもない。では、サイレント映画なのか?というとそうではない。音はある。「声」もあるっちゃあある。だが、登場人物全員が、手話でしかやりとりが出来ないのだ。その聾唖学校の寮に転校してきた若者の話。

ザ・トライブとは、「転校生が味わう不良グループのカワイガリ」の事らしい。一切の「言葉」は排除されていても、やりとりは解る。

大きい声を出せば感情的っていうシンプルなかつての小劇場的な(藤原竜也的な)安易なエモーション演出ではない。そもそも、筧利夫言う通りに、芝居は大きな声で長台詞を客席向いて言って、BGMを引けば、それだけでとりあえず感動できちゃうもんだ。そんなのとはワケ違う。

手話だけで綴られる物語。

台詞もない

字幕もない

そういう映画。なのにかっこよくてシブいし、猛烈に面白い。おいらシビれて客席から立ち上がれなかったなぁ。暫く。そんな余韻に浸っていたい映画。

「ザ・トライブ」予告編

チャイルド44

僕は、小説で読んだだけで映画はまだ見ていない「チャイルド44」も、原作が面白かったので、今(こういう状況だから)見てみようかなぁと思っている。

「チャイルド44 森に消えた子供たち」予告編
(Visited 97 times, 1 visits today)

By 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。