週刊バイクTVは録画し続けていた唯一のテレビ番組だけれど、MCの末飛登サンがいなくなって久しい。みんな、見ているのかなぁ。俺はまるで見なくなっちゃったのよね。

おっさんライダーの鑑

まず、見始めたのは、50歳で免許を取った時から。何しろ「データ(頭にいれる)」だけでも勉強せねばね。

文字通り、転ばぬ先の杖でさぁ。

実際、恋しくて乗れない日々も長かった

そうです。免停になったので、買ったばかりのMT-09が届いた時には「乗れなかった」しね。

↑これね。

そんな時に、とても助かったのは、末飛登サンのお陰とも言える。

テレビでライディング気分

ホントに勉強になった。そして、楽しかった。いろんな新車の情報が入るし、単純に乗り方を教わった。

女性ライダーが当初(8年ぐらい前)は、ヘタッピの代表格のような人がパートナーだったりして、それはそれで素人の僕には嬉しかったのだけれど、そのパートナーに教える末飛登サンや、新車を解説する様子がとても勉強になってねぇ。

おっさんライダーの★

おっさんとしては、とても有り難かった。ローギアだと、「グリップ力が上がる」とか、右折と左折が同じポーズでなくていい、とか、色々。ほんっと色々な事を教わった。

この人がいたから、「60になっても乗ってもいいのだな?」という気がしていた。それが降板。うひゃー、残念。これについて色々言われているようだが、その原因についてはさして興味はない。残念だなぁってだけね。色々な事があるからね。

バイクメーカーの意向?

なんだかんだ、「もう少し若返りませんかぁ?」みたいなこととかね。

一番ありがちなのは、数字もよくないし、スポンサー降りようと思うんですよねぇ。と言われて、つまり

「ネットに金出した方が効率いいんだもの」

みたいなことね。これテレビやラジオは言われると一番つらい部分よね。どうしようもない。ぐうの音も出ない。

それに対して

「待って下さい! 出演者変えて、路線変更しますので!」

みたいな形で、人身御供にされたパターン。これありがち。継続が第一だから、出演者なんてどうでもいい。というのは小さい放送局の場合、よくある。

年齢?

単純に、MCの年齢? 僕とほぼ同い年なので、そりゃあ、「いくらなんでももう少し若返りましょうよぉ」てなるわな。

だが、バイクは、新車購入の平均年齢は50近い。つまりオッサンがバイクを支えているのも事実。

それで末飛登さんで続けてきたものの、やはり、そろそろ「若者層も押さえていかないと」ということになったのかもしれない。

だとしたら、仕方ないよね。でも、功労者だし、ファンも多いし、サブキャラとして継続はあっていいと思うんだけれどね。

モトライズの古澤恵さんみたいにね。

たまに「バカ」やっていなくなるひとも

たまに、地方局だと、バカやっていなくなる人もいるよね。

よくあるのが、リポーターとかで、あまりに外へ出すぎている為に、町の商店街だとか、企業さんとかと「妙に仲良くなってしまい」その人(リポーター)との関係が異様に強くなってしまい、利権を持ち始める場合ね。

直接、その企業から司会の仕事をもらい始めたり、お歳暮を受け取るようになってきたり。

挙げ句に、放送で言ってもらえればいい宣伝になるので、袖の下を(そういう意図なしに)受け取るようになっていたり。

そうなって、「放送局が本来受け取るべき利益」「ただ現場に行っているというだけでリポーターが受け取り始めた」という主客転倒により、

リポーターは2年で必ず交代する、という事に決めた放送局もある。

末飛登さんがそんなしょーもない事をするとは思えないけれどね。J-WAVEのクルマといえば、でおなじみのあの人みたいな狡猾さは見受けられないよね。(もはや、あの人は生島ヒロシにしか見えない最近ww)

自分でやめた

ってこともあるよね。長く続ければ、辞めたくもなる。面倒だったり、飽きたりね。

出演者全員がそれを「やり続けたい」と思っている人がとても多いけれど、そんなことないからね。

泣きながら辞めてる人でも、自分から「降ります!」と言い出した人もいるしね(上手いよねぇ)。

ただ、放送局のせいにして「終わりにさせられた」というテイの場合もある。なくはない。

他にやりたいことがある、とかね。でも、他にやりたいことがあるというのは、(スッキリをやめたテリーさんの言葉でもあるが)「何しろ辞めたいから辞めます」としか聞こえないんだがな。実際そうだろうし。

バイクが嫌いになった

それはあるのかなぁ。「ラジオの魂」って本出していなくなる人もいるしね。吉田類が「酒を飲めなくなった」って話もまことしやかにささやかれているしね。店にロケに行ってもほとんど飲んでないという証言がとても多い(笑)。

そうやって考えると末飛登サンも、何かの事故か何かで、

「バイク乗るの、怖くなっちゃったんだよねぇ」

というのだったりして。そんなわきゃないでしょ。でもあり得なくはない。

ともあれ残念です。

ホントにね。

マリンFM

今は、横浜市中区のマリンFMというコミュニティFMにて、パーソナリティ番組を担当。
金曜日20時から。みんな、聞こうじゃないか!

何しろ、沢山のバイク愛をありがとうございました。

バイク乗りづらい

末飛登サンが週刊バイクTVからいなくなると、中高年ライダーはバイク乗りづらくなるな。ほんっとに。マジやな感じねー。でも乗るけどね。

こういうブログを書いたのは、暫く見ていた、氏のいない「週刊バイクTV」だけれど、そろそろ見なくていいやって感じなので(やはりアレルギーが強い)、懐かしんだってワケです。

大塚ライブハウス

数年前に「大塚」のつまり、うちのスタジオの界隈の町「大塚駅」近くのライブハウスで、ハーフウェイ・ボーイズ(末飛登サンのバンド)のライブがあったよね。行きたかったなぁ。

(Visited 836 times, 5 visits today)

By 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。