宇多田ヒカルがカミングアウトしたノンバイナリーとは?

宇多田ヒカルが告白した「私はノン・バイナリーである」と。

ノン・バイナリーとは?

さて。これは何だろう? 知らなくてごめんなさい。と言わなければならないような気がするご時世だ。そう、LGBTにおいて理解を深めなければならない時期だからです。知らないでは済まされそうにない。

そして、知らない事が許されないであろうとも、その当事者たちは知らない僕たちを責めたりしなさそう(一部利権者を除く)。

このノン・バイナリーとは、男性でも女性でもない。もしくは、男性でもあり女性でもある。という事らしい。トランスジェンダーに類するようだ。

トランスジェンダー

僕が理解しているのは、トランスジェンダーというのは

生まれた時に峻別される性(おちんちんがあれば男、なければ女)と精神が一致していない人の事を指す

多分これで合ってると思うんだけど。で、シスジェンダーってのは、その逆。つまりおちんちんがついて生まれたから助産婦さんに「可愛い男の子ですよぉ」と言われて、実際に、精神も男の子として育つ人。また逆に女子の場合も。生まれた時に、見た目で男女のどちらかのレッテルを貼られたのと同じ性別を精神として持ち合わせる人の事。

ノンバイナリーはトランスジェンダー

なので、ノンバイナリーはシスジェンダーではなく、トランスジェンダーとなる。
宇多田ヒカルは女性と峻別されてこの世に生を受けた筈だ。だが、彼女はある時気づいたのだ。

私は、女性か?

とね。そして、

違うみたいだ。じゃあ男性か?

とね。そして、

それもまた違うなぁ。

と落ち着いたのだと思う。男か、女か。そうハッキリと決められるものではないようだ。それがノンバイナリー。どちらでもない。もしくは、両方である。なのか。いや、それ以外にヘテロでありホモである。なのか。

ヘテロセクシャル

ヘテロセクシャルは、身体も心も男であり、女性を恋愛と性の対象とする人。もしくは、身体も心も女であり、男性を恋愛と性の対象とする人。

逆に、ホモセクシャルが、同性愛者。主に男性が男性を好きになる人に使う事が多いが。

アセクシャル

そして、アセクシャルというのもある。これは、男性女性共に、どちらにも「性的魅力を感じない」タイプの人。つまり、これは、トランスジェンダーではない場合も往々にしてあるのだろう。

こうなってくるととても複雑だが。理解しなければ今を生きる資格はありません。頑張って勉強していきましょう。僕も頑張ります。こうやって書きながらね。備忘録か(汗)。

シスジェンダーの男性でヘテロです。

つまり僕は、シスの男でヘテロです、というのが自分の「性」を紹介する時に正確な言い方になる。そんなに細かく言う必要あるか? と問われれば、そもそも、「性」を言わねばならない状況そのものが少ない筈なので(個人情報であり差別助長を防ぐ)、言う機会は少ないだろう。だが、

人を見た目で判断しちゃいけない

という観点から言えば、自己紹介を必要とする場合、言う事は嫌みではない筈だ。解りやすいし聞きづらい事だからね。

普通、という言い方はもはや禁句

つまり、ヘテロを「普通」という事自体が差別だし、フツーに女が好きなの? とかフツーというカタカナのフツーであろうとも、失礼で避けるべきだ。

ハッキリしておこう。大事な事だからね。

ヘテロは普通じゃない

ということ。

告白を強要するのも差別

また、カミングアウトを勧めるのも差別だし、あり得ない。
理解して貰った方がいいよ! 俺が言ってあげるね! みんな聞いてぇ! ○○はねぇ、ヘテロじゃないんだよ! トランスジェンダーでね、それでね! ……なんてのはキチガイのすることだ。それで自殺されかねない。言うも言わないも自由なのだ。そう、ワクチン接種するしないと同じでね。言いたい人が言えば良い。言いたくない人は言わなくて良い。それは嘘つきでもないし、それだけ理解が深まっていない過渡期の世の中だから仕方ない。偏見が根強く今を生きる人々の心にこびりついているという現実がある限りは仕方ない。そんな偏った考え方の融通が利かない人たちの為に、不愉快な思いをする必要はないのだ。

血液型のようなもの

もはやどうしようもない世界の話なので、フツーというのはやめよう。AB型は少ないけれど、

普通、O型だよね

とか言う人って、頭おかしい人だよね。それと同じ感じだと思うよ。思おうよ。

理解しようとしていても

こうやって書いて理解していこうとしている僕だけれど、これすら、この記事を書いている事すら、数ヶ月後には、差別的な記事のように思えてくる可能性さえある。「みんなよくわかってないでしょ?」を前提にしている点でイラッとくる人も多いだろう。

だがごめん。わかんないので書いて覚えようとしているのです。志の輔さんが、台詞を全部半紙に筆で書いて書いて書きまくって覚えていた。そんな事だとご容赦頂ければ幸いです。

宇多田ヒカルに「いちいちそんなこと言わなくて良い」とか言ってる奴らもどうかと思うし、「よく言った!」と褒める人もどうかと思う宮川でした。

ちなみに、他に

  1. ポリセクシャル
  2. パンセクシャル
  3. バイロマンティック
  4. バイキュリアス

等まだまだ勉強しなければならない事はあります。理解を深めて、過渡期を短くする努力を共にしようじゃないか。

One Last Kiss/宇多田ヒカル
(Visited 120 times, 1 visits today)

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください