敬虔な幼子/ゴーリー

連続で読むのは何しろ勿体ない。そう思って、もたもたと、数年に一度、一冊ずつ買って読んでいる。それが、ゴーリーの絵本。

大人向けの絵本

完全なる大人向けの絵本です。だが、アダルト絵本ではない。

エドワード・ゴーリーです。大好きな人。原画展に行って、「原寸で描かれている」事をしって、驚愕する。

大好きな元幸さんの翻訳で。

もともと、アメリカ文学は、柴田元幸さんを経由して知った。ポール・オースターは元幸さんだから読み、ハマった。

元は、「メイスン&ディクソン」

最初は、「モンキー」で元幸さんにガッツリはまり、それまで名前を知ってる程度だったのに、追いかけるようになり、トマス・ピンチョン「メイスン&ディクスン」でシビれて、

気づけば、氏がハマってる「ゴーリー」にも夢中になっていった。柴田スタートです。

敬虔な幼子

主人公の少年ヘンリー・クランプは、3歳にして自分の心が邪(よこしま)であること、にもかかわらず自分が神に愛されていることを知る。以来、彼は聖歌や聖句を憶え、信仰に励む。あるときに妹に空を飛ぶ鳥を指し示し、自分も死後は鳥のように天に昇ると語る。

ヘンリーの善行は、自分のおやつを我慢して貧乏人に小銭を与えたり、軽々しく神の名が書かれている書物を丹念に塗り潰したり、日曜日に遊んでいる子供たちに対し、聖書も読まずに安息日を過ごすことを窘めるなど、日に日に忙しいものとなってゆく。

4歳になったある日、ヘンリーはいつものような善行の帰り道に雹にうたれ、それがもとで病に臥せる。死の淵でヘンリーは両親を前に、自分に罪が神によって許されたことの幸せを述べ、笑顔で息をひきとる。

かつてヘンリーが妹に語ったように、鳥をかたどった墓の場面で、物語は幕を閉じる。

wiki(敬虔な幼子)

自分と向き合う幼い子供。

その純粋さが故に、儚くもあり、読後の切なさに繋がる。キュン死に絵本。

敬虔な幼子

新品価格
¥1,320から
(2021/1/22 20:52時点)

トマス・ピンチョン全小説 メイスン&ディクスン(上) (Thomas Pynchon Complete Collection)

新品価格
¥3,960から
(2021/1/22 20:55時点)

トマス・ピンチョン全小説 メイスン&ディクスン(下) (Thomas Pynchon Complete Collection)

新品価格
¥3,960から
(2021/1/22 20:55時点)

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。