flat screen television

WOWOWでチャンピオンズリーグ放送!DAZNスカパーは解約すべき?

狂喜乱舞。WOWOWで18年ぶりにCLが見られる! なんと嬉しい★ 今年はどうなることかと思っていたUEFAチャンピオンズリーグの日本での放送(配信)予定問題。

WOWOWでは18年ぶり

ずっとWOWOWだったものが、いつの日かスカパー!になって、そしてDAZNになった。だが、今年、急にダゾーンが配信しない?!というほぼ詐欺まがいな状態になり。それを知った時に、

えええっ! CL毎年やるもんだと思って、スカパー!もWOWOWも解約しちゃったよぉおおおっ!

という人が沢山いるのではないでしょうか。

今季は、UEFA.tvで見る(汗)

今季は、もはや見る術がないっ?!と騒ぐ状態となり、UEFA.tvで見る以外になく、PCで見るとかになってた。しかも、数試合に限られて、バルサ戦も何試合かは見られなかった。グループリーグ。とても悲しい。

FCBファン(クレ)としては、ここ数十年で、バルサの公式試合を見逃したのは、初めてなのではないか?というぐらい悲しい出来事だった。違法で見る努力もすれば出来たのかもしれないが、そこまでしなかった。

僕は、クロームキャストで、UEFA.tvをミラーリングしてテレビに映して見ていたので、それなりに快適だった。

配信ではなく「放送」。テレビジョン。

DAZNがチャンピオンズリーグを配信するのであれば、もはやWOWOWは解約していいだべさ?!と思っていた矢先だったので、危なかった。解約するところだった。

これまた、実際、DAZNに乗り換えて、WOWOWを解約した人沢山いるだろう。

映画でのアドバンテージが消えたWOWOW

もはや、Huluとか、Amazon Prime Videoとか、U-NEXTなど、オンデマンドで映像作品が楽しめる環境が完全に整ったので、WOWOWで映画を観る楽しみが失せているのが実情だ。

なんて早い移ろいだろうか。

かつて、映画といえば!のWOWOWだったのに。そして、硬質な国内ドラマをオリジナルで制作して、それも「映画並」のクオリティで、民放を凌駕していた。

実際に、本当に面白いドラマばかりだ。

WOWOWのドラマの面白い理由。圧倒的に面白いのは、有料チャンネルならではの、大人の世界を描けるのもあるし、視聴率が関係ないので(スポンサーの広告収入ではないので視聴率が関係ない)数字がいいからといって、無駄に引っ張って、水で薄めたようなドラマの割増しみたいな必要がない。5話で終わるものもあれば、7話で終わるものもある。1シーズン引っ張る必要さえないので、海外ドラマよりも無駄がない。

これは、YouTubeの面白さと無駄のない編集になじむ前に既に高い評価。
そりゃそうだ。ホントに面白かったものね。いや、今見ても面白い。

今回、CLでWOWOWに初めて加入する人は、WOWOWオンデマンドで見まくって下さい。ホント面白いから。映画みたいなドラマ群。

だが、それもついこの間の事なのに、今は昔。

「その時間に映画を観る」とか「この時間にやってるから録画しよう」なんて面倒臭い事はしたくなかったので、WOWOWは離れていった。そして、WOWOWオンデマンドは、なかなかテレビで見ることが出来ないので(俺のテレビでは見られない)、

オンデマンドで映画作品を見るとなると、Amazon Prime Videoなどに移行する

というパターンの僕だった。

U-NEXT(僕も入ってる)

DAZN時代到来?!と思いきや

そして、DAZNのスタートダッシュが凄かったので、圧倒されたよね。1800円ぐらいだっけか。それで、このラインナップは、もはやスカパー!は全く要らないし、WOWOWも不要だ!ぐらいに思っていた。

だって、サッカーだけで見てもですよ。ブンデスリーガやる、プレミアリーグやる、リーガ・エスパニョーラやる、J-リーグやる、チャンピオンズリーグやる、他にも沢山やってる。もう、完全網羅に近いじゃないか! すげー、資金力!と思ったもんだ。

それでも、僕がWOWOWを解約しなかったのは、これまでの付き合いがあるから、とかではない。DAZNは、ハーフタイムの特集記事がない。その15分がとても暇でね。その間に眠くなっちゃう事がよくあった。(これ、DAZNでサッカーを見る人あるあるだと思う)

WOWOWだと、例えば、選手の独占インタビューがあったり、今季に出色のチームを特集したり、とある過去の名選手のエピソードを紹介したり、とちゃんとしたコーナーとして見応えがあり、それが嬉しかった。ので、お別れできなかった。

実際、僕がDAZNで試合を見るのは「倉敷保雄さん」解説など、解説と実況がDAZNの方が圧倒的に好い!という印象だからだ。倉敷さんの場合は迷う事なく、そっちを見る。

で、前半、クラッキーの解説で愉しんで、ハーフタイムになったら、WOWOWを付けて、そっちの企画を見る。

そして、後半が始まる前に、DAZNに戻って、後半のゲームはDAZNでクラッキー解説で見る。

で、終わったら、またWOWOWで解説を聞きながら見終える。みたいなことをしている。

だが、そんなのは、僕のように、リーガを見るのが(正確にはバルサの試合を見るのが)人生の何分の1かの幸せに繋がっているような男だから、贅沢ながらそうしていただけであって、

普通は、どう考えても、WOWOWを契約している意味は皆無だった。そして、僕も、そろそろ解約しようかなぁと思っていた所だ。

だって、WOWOWオンデマンドがあるとはいえ、DAZNは、直後の試合だったら、数日間見られるので、オンデマンドでも見られる魅力がある。解説はDAZNの方がいい。となると、WOWOWにしがみつく必要がまるでない。

と思っていた。

wowowは契約すべき?

テレビで見られる利点。

だが、WOWOWだと、テレビで見られます。なので、デジタルではない!
これは強い。あの俯瞰図で試合を見る時に、背番号が見えづらいなぁという時、DAZNだとありますよね。それがない。完璧に判る。

関係ないけど、僕が倉敷さんを好きになったのは、ボール保持の時に選手の名前を言ってくれるからなのね。

それで、どんどん海外のリーグの選手の名前を(正確にはリーガのバルサやレアルの選手の名前を)覚える事が出来て、どんどん好きになっていった。

そうです。リバウドやフィーゴがまだバルサに居た頃です。クライフェルトとかいた時。

その時、双子のディフェンダーのフランク・デ・ブールとロナルド・デ・ブールを

倉敷さんは普通に見分けていた!

のね。それがかっこいいなぁと思ってね。そして、金子達仁サンと倉敷サンの会話が猛烈に面白くて、わかりやすくて、尚且つ痛快で。

クラシコで喧嘩して退場になるクライフェルトに「この男は自分のした意味がまるで分かってない」とか断罪するのとか気持ち良くてね。そういう所から、如何にエル・クラシコが「崇高」なる試合であるかを、手応えとして理解した記憶。

さておき、テレビで見られる魅力、つまり配信ではない魅力。それが、DAZNではなく、WOWOWの良さです。勿論、豪雨で電波が乱れて見られないってこともありうるし、そういう時は「うぎゃああ」だけど、そんなことあまりないのでね。

(スカパー!でPRIDEをPPVで見ていた時に、大雪で見られなくなった時は泣いたけど)

CLをテレビで(つまり放送で)見られるのは、それは有り難い!目が疲れない!やったぁ!

倉敷保雄サン
デ・ブール兄弟

どこと契約して、どこと解約すればいいのか?

ということは、WOWOWで契約して、DAZNとスカパー!を解約すればいいのか?

と、これまた皆さん考えまくる事でしょう。俺も悩みどころ。だが、俺は、暫くスカパー!以外は解約しない。

まず、僕はスカパー!は解約した。チャンピオンズリーグ以外に見たいものがなかったからね。

だが、チューナーはまだ持っている

それは勿論、この後、つまり来季にCLをスカパー!が契約する可能性があるからだ。

つまり、まだどういう勢力争いの決着になるのか、見えていないのが現状だからだ。

金があるのならば、僕のように、DAZNとWOWOWの両方に契約しておこう。

それはそれで助かるよ。だって、バルセロナに去年の10月に試合を見に行った時に、

いやあ、messiのシュート凄かったなぁ。そうだ、DAZNでもう一度見よう!

と思っても、DAZNと契約しているのに、そのノートPCがスペインのバルセロナにあるので、

日本のDAZNが見られなかった。

のであります。そんな時、WOWOWオンデマンドは役に立ったのか、というと、多分見られなかったような気もする。「そこ、日本じゃないよね?」みたいな感じだったんだっけかなぁ。

何しろ俺は、「WOWOWで予約録画した」試合を、レコーダーにアクセスして、リモートで再生して見た(こんなことまで出来るんですねぇ)。前以て、アプリを入れておけばいい。なんて便利な世の中だ。

なので、両方入っていれば間違いないと思う。

だがこの先

だが、この先、CLをどっちが取るのか、が見えないので、両天秤がいい。と思っている。

来季、またWOWOWが契約してくれるならば、WOWOW一本でもいいかもしれない。

だが、スカパー!がCLを契約すれば(しそうにないけど)、その時点で、WOWOWとDAZNのどちらかを解約すればいい。

僕のように、ハーフタイムに眠くならないリーガファンなら、WOWOWはお別れでいいだろう。

このあたりがファイナルアンサーかなぁ。

まとめると、

まとめるとこういうことだ。
DAZNは、スタートダッシュで(というか竜頭蛇尾で)、「うちは何でも見られるぜ!」と金を沢山使って、いろんなリーグを中継しまくって、契約数を激増させたけれど、

駄馬の先走りで、もはや途中で道草食うウサギとカメのウサギのように、CLを手放し、

「でもなんとなく解約しづらいなぁ」

で儲けようとしているっぽいってことね。


とまぁ、DAZNにガッカリした気分をそのまま書いたが、要は、

CLってホントに中継権量がバカ高いのねぇ

ってことは判るね。


それと、グループリーグで中継しなかったのに、決勝トーナメントだけ(といっても19試合)を中継するということは、WOWOWは、DAZNがフニャチンになったことを判った上で、決勝トーナメントだけの中継権獲得にその後動いたってことなのかなぁ。とかもとても気になる。

本当に金がないならWOWOWも不要だ

だが、本当にお金がないのならば、というか、お金持ちでも俺のようにハーフタイムに眠くならない人たちは、そう、

UEFA.tvで見ればいい

という道が残されている事はハッキリしておこう。
UEFA.tvは、グループリーグこそ、数試合放送しないのがあったけれど、決勝トーナメントだったら、全部やるでしょ?いくら何でも。

それを見越して、無料で、UEFA.tvで見る、のが一番安い。

無料で見る利点

無料というのはとても大きい利点だけれど、UEFA.tvで見る場合の利点は他にもある。

解説者のバイアスに影響を受けない

という点がある。どうしても、例えばWOWOWだと北澤さんとかの言う事に、「うーん、なるほど、そうかぁ」と思うことがよくある。そう思っていなくても、引っ張られてしまう事が多い。

でも、例えば、「(WOWOWで)あれはファールでしょう!」みたいなことでも、「監督は怒っていたようですね」みたいなことでも、(ほんとか?)と思って、後でDAZNで倉敷さんらの解説を見直してみると、

「あれじゃファール取れませんよね」であったり「監督は怒ってるのではなく、からかったみたいですね」ということが判ったり。まるで言ってることが違っていたりする。

これがとても残念でね。特に、WOWOWのアナウンサーが頂けない場合が多い。仕方ない。だが、WOWOWは総合格闘技の解説の髙柳謙一がスゲー素敵なので、UFCなどはWOWOWがオススメだけれど(総合格闘技はまた別の話になってくる)。

その、

UEFA.tvで見る場合、純粋に楽しめる

という点は否めない。それもいいよね。

ともあれありがとうWOWOW

WOWOWも、お金があるというワケではないだろうし、賭けであることは間違いないと思う。そして、DAZNのせいで、契約数離れもハンパないのだろう。

でも、僕はこう信じたい。

WOWOWの社員の中にも、
日本でCLが見られないなんてあってはならない!
と思った人がいるしその考えの同調が多かった

ってね。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。