woman seated on textile applying suncsreen

置いて帰る😷救急車

神奈川県は999人。その神奈川は、その実かなり逼迫しているらしい。

三日連続最多更新

青天井という言い方をしている人もいる。そんな雰囲気。ああ、怖い。

勿論、PCR検査を受けられるようになったから、ということもあるだろうけれど、それにしても、だ。

つまり、年末年始に「引き締められなかった」のが原因のようで。

年末年始は、神奈川県民に限らず、正直国民誰もが

今年(20年)は大変だったから、年末年始は盛り上がって忘れよーぜー!

と羽目を外しちゃったのかな。そうしたくなる気持ちもよく分かる。だって、これほどまでに「忘れてしまいたい一年」はない。地球人全員が思っている筈だ。

だからか。その結果が今現れている。神奈川県の新規感染者数がついに999人。スリーナイン。心理的プライス気味。

不安だから救急車を呼ぶ人

そんな中、宿泊治療を受けられずに、自宅療養する患者の中で、不安にかられて保健所に電話をしまくる。保健所が取り合ってくれない。そして勝手に、直接病院にかける。

だが、17院かけても「受け入れてもらえない」。

そこで、不安で仕方ない自宅療養者は、自分で救急車を呼ぶらしい。

そして、救急車が来る事は来るのだけれど、話を聞くと、「うーん」それって……。

つまり、

受け入れられる病院がないものはない

のだから、どこへも搬送できない。当たり前の話だ。

それにより、一旦その人の家まで行ったものの、「置いて帰る」事案があるらしい。

呼吸器内科の先生のFacebookにそう記されている。

見捨てる救急隊員の気持ち

どうしようもないとはいえ、もはや「置いて帰る」救急隊員の気持ちを察すると胸が熱くなる。助けられないのだ。

救急隊員は、ちょっとしたことで呼び出される事になれている。

そうして、その中の老人に対して、一応、どこかの病院に連れて行き、一応の役目を果たすという、それほど救急とは思えない事態を何度も経験している筈だ。

なのに、それでも、「ではさようなら」と帰る救急車の隊員は悲しい筈。置いて行かれる人はもっと不安な筈。

その不安はどうやっても解決しない。そういう状態に関東近郊はある。

つまり、僕らは罹患したら、色々な事を覚悟しないとならない。
とはいえ、潔く「死ぬかもね」を覚悟すれば良いってものでもない。
覚悟というのは、「不安と戦う覚悟」だ。

病は気からという。

自宅療養になったからといって、「え。このまま死んじゃうの?」「やだやだ」と焦った所で「引き取り手がないのはないのだから仕方ない」それが現状だ。

だが、そこを気持ちをしっかり持って、「絶対に治ってやる!」という気概があれば、不安が故の悪化は避けられる。

勿論、羽田議員のような悲しい結末もあり得る。
それが、人々を、特に自宅療養者を不安にさせている。
とりわけ一人暮らしだと殊更だろう。怖くて仕方ないと思う。
寒いしね。

黒岩知事は好きな人

僕は、神奈川県の黒岩知事は好きな知事です。リーダーシップと、牽引力。アイデア。自分の頭でしっかり考えて、流されていないように見える。自分が住む所の知事とは違う印象。

経路調査に意味なし!

その神奈川県が日本初「感染経路調査をやめる」と決めた。それは、

意味がない!

と断じた。

これも、僕は気持ちいい。

そんなことしてる場合じゃないだろ!
ってなことかと、「おお、やるねぇ」と思ったものだ。しかし、そうではなかった。

蔓延期に移行した

どこに感染者がいてもおかしくない「蔓延期」に突入したと判断した事が原因だ。

どこで感染しようが、どこにでも感染者はいるので、ゾンビ探しは不毛だよ、ということだ。

おそろしや。


そういう時は

高橋メアリージュンのInstagramでも見て、ワクワクしようぜ!
考えてもみなよ。

誰でも新型コロナウイルスに罹る可能性はある。
誰が罹ってもおかしくない。

ということは、誰でも、高橋メアリージュンに「内もも触って下さい」とお願いされる可能性もあるということだ。

誰が頼まれてもおかしくない。だろ?

ただ……、

若干違うのは、高橋メアリージュンに「内もも触ってっ」と頼まれた男性が、本日999人いたという事はないし、東京で2268人もいなさそうだって事だ。

いや、判らんっ。

日本中の男性で、俺だけが触っていないだけなのかもしれない。

てことは、ついにっ!

(つづく)

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。