まぁ、してやられた感があるのが、今回の緊急事態宣言の話。小池さんは世論を味方につけるのが(正確にはつけたままにしておくのが)お上手ですな。

言葉遊びで手柄をイメージづけて

ステイホームカルタなどで言葉遊びを散々して、「三密」という非常にわかりやすい対策を考えたのは、私なのよ!と誇示し続けていたかと思いきや、今度は、なんと緊急事態宣言でも上手いことやりやがりましたね。

管総理の責任に。

年末に、西村大臣に会って話をしましょうと持ちかけて1/2に会う約束をこぎ着けて、そこで「緊急事態宣言を迫る」。

だが、小池さんにとっても良かったのは、その会うまでの間に1300人の一日感染者数が飛び出した事。

言われて宣言を出すのは格好悪いから、なんとも避けたい政府でも、その数字とその勢いには抗えない。

そうして、宣言に至る。

知事は権限を持って動いている。

都道府県知事は、権限を与えられているので、政府がそこまで及び腰ならば、こっちで考えて動こうぜ!と、沢山の知事が頭をひねって色々な事をしていた。

勿論東京も時短要請したり解除したりしてきたけれど、20時設定は今回初めて。

愛知県も、埼玉県も色々な所がそれぞれ頑張ってこられた。

だが、モンの凄い数の人がうごめく東京でも知事は大したメッセージを放つことはなく、言葉遊びに終始していた印象が強い。

だが、ここで、宣言出してよ、と迫る事で、そして、出すことになったことで、

その後に「20時までの時短要請」というカードが

これは、緊急事態宣言が出ちゃったんでね。

と、政府のせいに押しつけることが出来ている。なんとも狡猾な。

やりようがあるようでないのか?

もう少しやりようがあるように思えるよ。小池さんがやっていることは。トライ&エラーのトライの部分が毒にも薬にもならない「ステイホームカルタ」ではウンコですよ。

僕は、まだ、イソジンガーグルを推奨!と狂ったことを言い出した知事の頑張りによる勇み足エラーの方がまだまだ評価出来る。

ちなみに、イソジンガーグルのような「ヨード系」のうがい薬は、粘膜をそぎ落とすので、声を痛めている人、喉が弱っている人には「よくない」が、殺菌力はとても高い。

もう一つ「アズレン系」は粘膜をこそぎ落とさずに、粘膜の分泌を促す成分が多く、殺菌力はほどほど。なので、我々プロのボイスユーザーはアズレン系をメインに使う。冬のインフルのシーズンは両方を使う。ヨード系でうがいしてから、その後アズレン系でうがいして、粘膜をキープ。つまり、鼻パックした後に化粧水と乳液で保湿、みたいな感じね。

といった、ような個性的なものも含めて「何しろ何かしらしなきゃ!」という雰囲気があれば、「この人はなんだかんだ考えてくれているのだ」となるので、任せよう!という気持ちになれる。

だが、森田健作サンや小池百合子サンは、うーん。

東京がしたことを考えてみようよ。もう少しやりようがあると思うよ。だって東京だよ。こんなド派手な事になっているのに、どうしてカルタ? どうして言葉遊び? ノーアイディーアを政府のせいにして、自分の無策を印象づけないという作戦に成功した勝利。

小池さんは色々お上手のようです(鼻ほじりながら)。

時短要請

営業時間の短縮要請は、「知事の権限」であります。22時でとどめ、それ以上進もうとしなかったのは、どう考えても

20時までで閉店してねって言ったら、保障をどのぐらいしなきゃいけないんだ、とか、飲食店が軒並み潰れて恨まれる事間違いなしだ!そんなのイヤよ!

てな事にしか思えず。

志の輔さん

関係ないけど、小池さんより少し年下の立川志の輔さんの容態が心配です。早くよくなりますように。心よりお祈りします。

(Visited 11 times, 1 visits today)

By 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。