white ceramic mug with coffee

タンザニアのンゴロンゴロ1月下旬まで欠品。

美味しい珈琲豆「ンゴロンゴロ」が今月末まで飲めない。

ンゴロンゴロ

生豆本舗で、売っているンゴロンゴロ。猛烈に人気。それもそのはず。焙煎が楽で、美味しい。

酸味が苦手な人は、それだけでNGかもしれないけれど、芳醇で柔らかく、「胃が悪くなりそう」な雰囲気がまるでないし、スッキリしていて、いくらでも飲める。そんな珈琲。これは、お茶のようにグビグビいけるね。

生豆本舗

だが、完売で、1月下旬まで入らないとな。

生豆をネットで買うなら、ここしかないのではないか?と思っているのだが、誰か他にもっと安い所あるぜ!という人いたら教えて下さい。

焙煎の仕方

焙煎にはいくつかのやり方があり、14とか8とか言われている。

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

そんな中、このンゴロンゴロは、フルシティローストが推奨されている。

だが、僕の経験だと、ハイローストでも充分美味しいし、さっぱりしている。酸味が好きな人なら、ガリガリ挽くのが疲れるぐらい堅く焙煎しても、つまり浅煎りしても、ちゃんと珈琲として猛烈に美味しい僕は、シティローストを目指して焙煎してる。2パチの酣で止めるがよろし。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。