coronavirus

新規入国停止(一月末まで)

この決断をしたのは、何しろこれまで後手後手だったので、良いとも言えるし、結果論じゃねぇの?とイチャモンもつけられる。

パイロットは検疫を抜けて

なんと、空港検疫以外の男性と女性が「変異種」にむしばまれている事が判り、それを受けて、管総理は「新規入国の停止」を一月末まで!と方針を固めたらしい。

空港検疫だから大丈夫だよ、と口走っていた大臣の雰囲気は「落ち着かせよう」とする狙いではないが、ワイドショーの脅かす雰囲気とは正反対のいい感じでしたけどね。

だが、それは空港検疫で外へ出ていないと思われる(思われていた)段階での話。

いきなり大きな問題に早変わり。

パイロットは検疫を免れているらしい。で、東京都で家族の女性にうつしてしまい、二人の変異種の感染が確認された。そして、突然の新規入国停止処分の方針。

ここは気合いいれんとね。

これは、とても頑張らないとなりません。そういう状況です。国内ではこれ以上頑張りようがないと思える大人たちですが、問題は若い世代。動きたいし動く範囲も広いし、飲みにも行きたいし、遊びにも行きたい。

勿論、若者のそういった好奇心が故に、劇団を旗揚げした頃というのは集客で助けられたものです。「面白いらしい」と聞けばすぐに次の公演で客足は伸びた。ありがたや、若人の好奇心。

だが、今はもう別のフェイズ。そんなのを喜ぶべき時ではない。なんとか頑張って、その好奇心を抑えて、堪えて、なるたけ直帰する。そんなことを期待したい。

識者は口をそろえる。問題はハッキリしてる。飲食店での会食であり、若者である、と。その行動範囲の広い若者が感染を全世代に広めているのだと。

また変異種人数とかで一喜一憂するのかと、ハラハラしてきた本日です。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。