水木しげる「劇画ヒットラー」に見る空前絶後の困ったチャン🥺

とても面白い漫画に出会った。

水木しげる作品

ゲゲゲの鬼太郎でお馴染み水木しげるの「劇画ヒットラー」。

そもそも、幸薄いキャラクターを描く漫画家先生なので、ヒットラーさえも、しょぼくなります。

実際、夢は大きくラストは惨め。それは仕方ない。

YouTube慣れには丁度いい

あれだけの事をあれだけの期間かけてやらかした、ヒットラーの伝記漫画なのに、一冊にまとめてる。

すんごい事です。

これは、YouTubeを見慣れている人でも、飽きる事なく、楽しめるテンポの良さですね。

有難い。

だが、最低限の知識は当然必要。

何しろ、吹き出しのマス目はサイズが限られてる。文字数も限られてる。そんな中で、物語は進む。

エバなんて、登場してなかったのに、ラストに突然現れる。

なので、粗方知ってる人であれば、圧倒的に楽しめる、そんな漫画。

面白かった。そして、絵空事感が強くなる。野心家で、弁が立つのは理解できる。そして、ルンペンから這い上がる様は、絵に描いたような成功者。

戦争🪖という奴は、

どこまでも、マイナスに働く弱ったものです。戦争は、何しろ良くない。

それが分かっていても、繰り返す。人は愚かです。

駆け引きもくだらないし、日独伊三国同盟も残念な取り決めでしかない。

ヒットラーは、ある意味、日本の真珠湾攻撃🇯🇵の影響も受けてる被害者的立場もある。

だが、やはり、こうして見ると、東條英機をヒットラーと同じように見る米国視点🇺🇸も、かなり理解できる。

その辺りが、興味深い。

傀儡ムッソリーニ

ムッソリーニのコミカルなポジションも「らしく」描かれてる。秀逸で。

昔はなぜこうも、領土争いに夢中になったのか?

謎が謎を呼ぶ。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。