銚子電鉄は茶髪女子の車掌サン

正確には茶髪というのとはまた違うよね。運転士さんですし、切符を切る車掌さんでもあるし、乗務員でもあるし、なんだか、八面六臂の活躍です。

銚子駅から外川駅までを繋ぐ、貧乏鉄道

貧乏で経営危機であることを、開き直ってらっしゃいます。

JRの銚子駅のホーム。二番線の奥の方に、まるで増設したようなホームがあって、それが「銚子電鉄」のホーム。狭いホームなので、土日はすぐにディスタンスなんてなし崩し(汗)。ゆっくり歩いて、俺は避けたがね。

銚子駅からだと、山手線はどの駅も、値段が一緒。そんなの初めてみたよぉ

この先に、「増設ホーム」がある汗

これが増設ホームの入り口。「絶対に諦めない」と書かれている。それは経営を続けるという意思表示か?

停車する駅という駅が、なんだか古かったりコミカルだったり、

金太郎ホームって最後まで解らなかった。
もはや、広告なのだか、ホームの看板なのだか、いよいよ解らない。もうどうでもいい感じ(汗)。でも、ネーリングライツってことのようです。この映り込んでる女性は、電車に乗った瞬間に「わー、チーバくんだぁ~」と喜んでました。
リアルにボロい。
これがリコちゃんです。
終点の外川駅にはこういう感じ。
駅の改札もボロボロなんだけど、その木造の改札口で「まずい棒」とか売ってる。
古い車両を公開してるのだけれど、乗ってきた電車とほぼ変わらない(汗)
映画のセットのようです。
なんだか、すげーでしょ。
外川駅にあったこれは結局なんだったのか解らずじまい
電車に乗っただけでこんなに感謝される経験ってそうそうないよね。
とはいえ、ディスタンス
運賃表

銚子電鉄というのは、銚子駅から外川駅まで10の駅で繋ぐローカル線。調子だけでも端っこという印象なのに、そっから更に先っちょへ行く。

安藤って誰だろう?
増設ホームからJRホームに戻る所はこうなってる。
銚子駅にはリコちゃんのポスターが貼ってある。

リコちゃんすいません。僕、勝手にリコちゃんを盗撮しちゃいました。ごめんね。

JR銚子駅。外へ出るとこんな感じ。

まずい棒。

そして一日乗り放題の切符。

犬吠埼灯台。

観光列車化しつつあり。

土曜日に行ったのですが、観光列車化してるという雰囲気ね。実際、犬吠に行けるので、面白い。まずい棒だとかグッズも沢山売っている。そして、調子は「ぬれせんべい」をやたら推してた。

リコちゃんが意外とデカイので、面食らう。泣き出す子供とかいそうだけど、いなかった。人気者だったよ。勿論、一番人気は、若い女性運転士さん兼乗務員さん兼切符販売員兼車掌さんでしたけどね。ワンマンってすげーぜ。

詳しくは、ラジオ日本「宮川賢MT」で。毎週金曜日深夜1時30分から放送中。

銚子電鉄車内音。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。