引き金アフタヌーン(多謝)

9ヶ月ぶりのトークライブ「大塚カル~クAfternoon」お越し頂いた皆様ありがとうございました。感謝感激です。

意外と淡泊な石川サンだった

演劇はまだ始められるし、やってる人も多い。なので、僕も始めたい。だが、石川さんはシンガーソングライターなので、ライブが命。やりたいに違いない、そう思っていたのだけれど、久しぶりに再会した彼は、そうでもなかった。意外な温度感。へぇ。

だが、話を聞けば、色々思う事があり、彼らしい。我々も大人になりましたなぁ(今更汗)。

吉本興業パターン

政府に近いでお馴染みの吉本興業とほぼ同じく満席の7割をイメージして発売。丁度7割だったので、来て頂いた方に、お帰り頂かなくてすんでよかったです。

正直言えば、3000人未満なので、満席でも問題ないのですが、気分の問題を少し残しているので、今はこうしています。ですが、レンタルで大塚レ・サマースタジオをお使い頂く劇団などグループの皆様には完全100%解禁としましたので、ちゃんと元を取って頑張って稼いで頂きたい。

演劇ガイドライン

そもそも、トークライブのガイドラインというのはないので、演劇のガイドラインに則って考えた。なので、昨日行われたのは演劇です。台本がなくても演劇というのかと言えば、まぁ、即興もあるし、(俺の軽蔑する)インプレもあるので、演劇と言えなくもない。

アダルトビデオは「映画」なんだよね。演技でラブシーンを演じているのであって、演技で挿入して、演技で尺八吹いて、演技でハーモニカ吹いて、演技で潮吹いて、演技でホラ貝吹いて、演技で声を上げて、演技で射精して、演技で中出ししてるんだよね。

それや、ソープランドの「自由恋愛」ほど、苦し紛れではないとは思うが、それに近いのが昨日を演劇とみる立ち位置でありますね。

ですが、仕方ない。

他に当てはめるものがない。だって、スポーツの試合か?といえば、そうではないでしょ。ある意味、石川さんと二人でいるというのは対決なようだし、スポーツのようでもある。でも違うよね。スポーツだと歓声あげちゃうので、それは困るし、そういう客席ではない。

では、コンサートか? 違う。僕は喋るだけだ。
では、飲食店か? 違う。つまりライブハウスでもない。
では、学校か? 違う。ある意味石川サンと僕にとっては何かを学ぶ学校のようでもあるけど、違う。と思う。思いたい。

そうやって政府の用意したガイドラインをみていくと、演劇が一番相応しかったので、それに合わせた。そもそも、歌舞伎だって「声を出す」のに、演劇にカテゴライズされているのがガイドラインなので、そうやって分類すること自体が無理やり感強いよね。

そもそも、ジャンルレスで表現したいのが表現者なのだから、そもそも無理があるのは仕方ない。

関係ないけど、宮沢さんが岸田戯曲賞とったときは、ラジカルとか色々なことをやっていた宮沢さんが演劇という小さなジャンルにかすめ取られてしまったようで悲しかった記憶がある。ラジカルは演劇っぽく見られないようにわざと一所懸命、劇場以外の場所でやったりしていたしね。面白かったなぁ。中でも俺は、何しろ中村ゆうじさんが一番好きだった。マジかっこよかった。

中村有志さんに、若い頃、稽古中に相談したことがある。ド下ネタの話をする飲み会で、故深浦加奈子さんとかふせえりさんとかいて(今思えばすげーセクハラだ)、

僕が、放送作家もやって劇作も演出も出演も、ラジオパーソナリティとか、CMコピー書いたり、エッセー連載してたり、何がなんだか解らない事を色々やっていた時に、それを「だらしないと自己嫌悪」という相談をした時に、ゆうじさんに言われて元気づいた言葉。

何言ってんだよ、そうじゃなきゃ駄目なんだよ。それでいいんだよ。ラジカルは「一人で何でも出来る奴」を集めてやろうってやってるんだよ。モンティ(パイソン)だって、あれ、みんな放送作家じゃないかよ。宮川くんは出来るんだから、全部やんなきゃ駄目だよ。

尊敬する人に、大好きな人に言われると、一気に吹き飛んだよね。そりゃそうだ。

コロナ禍の礼儀

イベントを上演するということは、プロとして丁寧に対応して対策をして臨まねばならない。僕は、夏ぐらいに世の中の雰囲気が緩んだ時は、外食もし始めたし、人混みに買い物に行ったりもした。でも、店で酒を飲む事はしないし、外食も、「一人で(つまり喋らないで)」行くのみ。でも、それなりに、タワレコに試聴しに行ったりしたし、親の介護も行く。

でも、イベントをこうして始めるということは、改めて、イベント以外での人との接触を激減させる努力をしていこうと思う。たがが外れたように、「イベントだってやってるんだから、他もやらないっておかしいっしょ?」とはしない。逆。イベントはその日を楽しみにしているお客様と「お互いに注意し続けた上で、今ここにいます」という暗黙の契約のようなものだ。その信頼関係がなければならないし、それが礼儀だと思う。

なので、僕は、いつも空いているミトーばかりの外食だし、しない時は、セブンイレブンばかり(汗)。それでもイベントが公演が出来る方がいい。メッシなんて、サッカーばっかやってるから、オートバイも乗れないし、ポテトチップスがばがば喰うなんてことも出来ない日々なんだよね。そう思えば。ねぇ。

引き金アフタヌーン

受付を自分が担当したのが昨日ですが、体温計を用意してそれで計らせて貰った。これ、めちゃんこ、ドキドキする。女性と顔が近づくし、堂々と額を近づけてくる人に引き金を引くという行為の連続に、緊張と動揺を隠せない俺。

そして、全員が平熱でホントに良かった。37.5度以上あったら、お帰り頂く他ないのでね。

こんなに、人のおでこに連続で引き金を引いたのは、生まれて初めての体験なので、今でも変な感覚です。シューティングゲームとかやってないけど、なんだか、そういうのあるよね、ゾンビがんがん撃つ奴、そんなのをまったりやっているような変な感覚。でも、相手は感謝の対象以外の何者でもないお客様。

当然ですが、終えた後に、僕と石川さんは打上などと称して酒を飲みに行くなんてことはしません。まっすぐ帰宅です。

あ、正確には、僕は、ホームセンターに客席の椅子の補修で必要なモノを買いに行きましたけど。今直してる。

12月もやります。

12月は19日、土曜日の午後3時から。やります。その前に、12/13(日)に、石川さんとネット配信で予告篇をしようという話があります。これは無料で。良かったら是非見てやってくらはい。

僕は秋まで書籍とネットを色々調べて、自分なりに新型コロナウイルスとやらについて理解を深めてきたつもりです。そして、それがもたらす影響や、影響を受けた人が世の中に与える影響、そういったことを考えてきました。

その結果、ロックダウンなどがなければ、一喜一憂しないですべき、そう思いました。それに参加するかどうかは、お客様が判断すればいい事。

それぞれの事情があるでしょう。親の介護してるから不安、とか。最近寝不足だからやめとこうとか。それが500人越えが続いたから、やめておこう、という世の中の雰囲気に流されるのもお任せする以外にない。

誠意を以て、除菌をして対策をして行うので、後ろめたさはありません。「なんとなく」で後ろ向きに考えるのは本意ではない。

宮崎出張に行った時に、美味しい宮崎料理をご馳走になりました。飲み屋の席です。放送局の人とご一緒させて頂き、ご馳走になりました。本当に美味しかったです。鳥の刺身。炭火焼き地鶏。チキン南蛮。何から何まで。そこで、一口食べる度に、マスクを付けていたのは東京から来た僕だけでした。

ですが、宮崎の山奥の立ち寄り温泉に行けば「東京からの人は入れません」となって入れず、3時間かけて戻った。帰り道に鹿とすれ違ったりしつつ。

でも、当たり前だが、僕は飲み屋で「みんな食べる時以外はマスクしましょうよ」とは言わないし、温泉でも「どうして入れて貰えないんだ!」とゴネたりしない。「わかりましたぁ」とにこやかにエンジンをかけた。

つまり、誰も正解をしらないし、何が正解かも解らないまま、時は過ぎていく。そして、人それぞれがそれぞれの価値観で「正解」を持っている。

僕は今冬、女房の実家の秋田に帰省しない。コロナが原因だ。しかし、義母に来春までにもしものことがあったら、冬にコロナ禍だろうが孫を連れていって差し上げるべきだったのではないか?という疑問も出てくる。

何が幸せで何が不幸せで、何が正しくて何が誤りかは、不明瞭。
僕は僕なりに結論が出たので、右往左往しない。それだけのことなのよね。
来週あたり、また家族の誰かにバリカンで頭を刈って貰う。床屋はいかない。でも胃腸炎になったら病院へは行く。人の数だけプライオリティがあるって事ね。

https://v-mise.com

ともあれ、昨日のトークライブにお越し頂いた皆様ありがとうございました。改めて、毎日8時間眠り、抵抗力を下げないように気をつけて参ります。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください