北朝鮮の工作船内に自爆の痕

海上保安資料館に行った。北朝鮮の工作船を見に。

これまた宮川賢MTの取材

そしてこれもまた、宮川賢MTという番組の取材です。ラジオ日本ですな。

そういう指令が来ましてね。北朝鮮の工作船?! なんだそりゃっ?!って。知らなかった。

1999年(平成11年)3月23日に、日本海で「能登半島沖不審船事件」が発生、日本の近海で北朝鮮による工作船が暗躍している可能性が認められていた。

で、アメリカ軍から情報を受け取った防衛省(当時防衛庁)を経由して海上保安庁へ。で、応戦。自爆により沈没。

資料館にある

その沈没船は、横浜の赤レンガ倉庫の隣、海上保安資料館 横浜館に展示されている。

赤レンガ倉庫の隣

日本の船になりすましていた

錆び具合が生々しく

内部も見られる。

弾痕。

この奥に自爆の痕がある。

弾痕。

船内を覗ける。すげー。

まるごと展示されている。

内部に北朝鮮らしさ炸裂するアイテム

船内のものも沢山資料として展示されている。

キム・イルソンバッジ

自爆した遺体からなのだと思うけど。

日本製の無線送受信機があった。何やってんだ、こいつら。

通信機器は色々あるが、最もビビるのは、、、

これでしょう。自爆スイッチ。

自爆スイッチ。最初からこういうのが用意されているってのが恐ろしい。

カミカゼ特攻隊は、世界に変な美学を広めたという部分がある。それに影響を受けたとされるのはいくつかある。

最近だと、ISだ。

この工作船の自爆スイッチもそれに近いものがあるのではないだろうか?

マリン&ウォークYOKOHAMA

すぐ隣には、めっちゃお洒落な施設がありまっせ。

マリン&ウォークYOKOHAMA

翼のイラストが壁に大きく描かれているフォトスポットでお馴染みのマリン&ウォークYOKOHAMAの入口付近。めっちゃお洒落です。
でも、すぐ隣は海上保安庁。

どのお店も出色で、ダラダラ歩いて見てしまう。コロナ禍で客も少ないので安心ね。

こういうのが隣り合わせってのもYOKOHAMAを表しているにゃ。

ドリンク飲んで帰りました。

そして、僕は、北朝鮮の情報に酔って気分悪くなってしまったので、

だってしょうがないさ。拉致被害者の情報パンフが沢山あって見ないワケにいかんからね。そうすると、吐き気しか催さないでしょう。普通。怒りを越えて。涙も出る。

このM&Wでノンアルコールのモヒートドリンクを味わって(美味かったぁ~!)、帰路に着きましたとさ。

釣りは出来るのが赤レンガ倉庫の裏の海。

ヨコハマと言って、思い出すのは、DVDも買って観た「ヨコハマメリー」ですな。

83歳、現役娼婦。22回逮捕。

そんな見出しが躍った彼女の伝説は多い。故人だけどね。ドキュメンタリーがとても胸を打つ。
このメリーさんという「ハマのメリー」と言う人が娼婦でありながら、米軍相手のコールガールでありながら、高いプライドを以て生きていた記録。

メリーさんに声をかけられると男性は光栄だった、とな。

ヨコハマメリー [DVD]

新品価格
¥3,762から
(2020/7/22 02:31時点)

ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がいた

新品価格
¥2,420から
(2020/7/22 02:32時点)

静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる

新品価格
¥1,760から
(2020/7/22 02:33時点)

ま と め
日本もやるときゃやるって事が、この資料館に行くとよく解る。その展示されている北朝鮮の工作船を沈没させるまでのやりとり(銃撃戦!)が、映像で紹介されている。空への威嚇射撃。海面への威嚇射撃。船体への威嚇射撃。そして……。工作員は、燃える船で機密文書関係を海へ廃棄して、自爆した。そして沈没。その前に、こちらの巡視船に向かって撃ちまくっている。恐ろしい映像です。無料なんで、時間ある時に、デートのついでにどうぞ。

そして、この工作船沈没は「もう一艘を逃がす為」の自爆だったという説が雑誌に載った時期があった。そして、「拉致」そのものに黒幕がいた?という恐ろしい事実も。それらは、こちらの記事で。

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。