Kafka

フランツ・カフカの「処刑の話」前編です。(訳:大久保ゆう、読み手:宮川賢)2つに分割して紹介します。

※この翻訳は「クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス」(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)によって公開されています。

上記のライセンスに従って、訳者に断りなく自由に利用・複製・再配布することができます。

※翻訳についてのお問い合わせは、訳者本人(http://www.alz.jp/221b/)までお願いします。

これまたコント。丁々発止の不毛なやりとり。噛み合わない思惑。やっぱりカフカは笑える小説家(断罪)。

(Visited 34 times, 1 visits today)

By 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。