photo of groom putting wedding ring on his bride

この方は白血病を克服された女優さんですよね?

小金井市長と結婚

献血活動や地域イベント等を通じて知り合うようになり 世代の差はありますが 互いに尊敬し合える存在となりました 今では一緒にいると笑いの絶えないそっくりな2人です

だそうです。

白血病の折。だが、回復すると信じた結果。

凄いですよね。変化も生命力も。そして出会いも。幸せも。そして、この事について、

誹謗中傷がある

らしい。まったく腹立つ。何がダメなのだよ。年齢が倍だから? オッサンだから? 市長だから? 何がダメなのだ。

ただのやっかみじゃないか。

羨ましいぜ

何しろ、オッサンとしては羨ましいぜ。それはそうさ。だって、26歳だぜ。素敵だ。生きてると良いことあるよね。

献血しようぜ

「献血って16才からできるんです。献血で救える命はたくさんあります。でも、採血後、血小板は4日間、赤血球は21日間しかもたなくて、輸血用の血液には有効期限があるんです。だからこそ、いまこの瞬間に血液を必要としている人のために献血をすれば、それがきっと明日の誰かの命につながるんです。献血セミナーをした後、高校生がSNSで『献血に行ってきました』って写真付きでメッセージをくれるんです。そのやさしさにいつも私が救われています」

ご結婚おめでとうございます。小金井市も友寄さんもよく解らないけれど(ただ26女性と結婚という所だけに強く引っかかって羨んだ私です。

(Visited 112 times, 1 visits today)

By 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。