woman with blue lips on body of water

これをどう見る?

車椅子の方のブログが話題になってます。これを「どう受け止める」かは読む人次第。

旅行が台無しになった

ブログでは、熱海まで行く予定なのだが、車椅子を運ぶ人員が熱海にはいないので、難しい、と乗る前に言われ、駅員を集めてくれる筈だが、と問答をする。

JRで車椅子は拒否されました

というブログの記事。

JRとはいえ、人の数には限りが?

駅員さんには限りがあり、それを出来る職員がその日「いない」のではないか?という問題。で、確実性がないので、お断りした、JR。

JRは、車椅子を運ぶ人員の配置を把握しているらしく、○○駅までなら大丈夫ですが。と受け答え。

様々な意見がある。

これに対して、賛否両論の意見がある。果たして、どう受け止めるのが、正しいのか?
難しい事案。

日本は体の不自由な方への対応にも遅れている?

例えば、海外旅行に行くと、段差の前で、乳母車のお母さんが、歩いている俺を手招きして「はよ、てつだわんかい!」と言わんばかり。勿論、僕は手伝う。

だが、日本だと、そういったことでさえ「お願い出来ませんでしょうか?」と頼まないとやって貰えない雰囲気だ。

それは、他者に対する無関心が「礼儀」というのもある。

だが、女性の為に力を貸す、困っている人の為に力を貸す、というのは当たり前、という海外の基準を思うと、

このブログは、決して「わがまま」と片付けられない。
そう思う人は「日本の無関心こそ美徳」基準。
JRひどいと思う人は国際基準。ということなのかな?

とはいえ、海外の基準も正直解らない

ので、なんとも言えん。

僕の意見。

僕が、熱海の駅員だったら、周りにいる人をひっ捕まえて「協力をお願いします」と頼んで、運ぶのを手伝って貰う。

それ以外にない。

問題は、それで「ひっくり返したり」「転んで怪我をさせた」りした場合の補償の問題だ。それがあるから「確約しない」のがJRってことだと思う。

そして、また。

応えているのが熱海の職員でない

というのも大きな問題だ。熱海のスタッフであれば「自分でなんとかしよう」と思うけれど、駅が違えば、押しつけられない。「勝手にオッケーして請け負ってんじゃねぇよ」ってことになる。その責任は熱海としてはとりたくない。それは解る。

過去に、何度も、そういった事で「怪我をさせてしまったり」「それで裁判になって負けたり」色々してるのが大企業だろうから、その手のマニュアルはしっかりあるのだろう。

それにしても、残念であり、言えるのは「お可哀想」ということ。

男たちの旅路

NHKドラマの「男たちの旅路」で「車輪の一歩」というのがあった。名作中の名作だ。車椅子のメンバーは「お願いします」と人に頼む事を遠慮してはならない、とそう教えている。

そういう意味でいえば、この方はその通りにしている。卑屈になる必要はないし、周りに健常者は沢山いる筈だ。それを身勝手とは言えない。

どうするのが正解?

どうするのが正しかったのか?
解らない。自分ならこうする、というのがあるだけで、「こうすべき」とはどうあれ思えない。どっちも責められない。どっちの気持ちも分かる。

わがままではない

ともあれ、ちょっと知り合っただけの女性に「おっぱい触らせてくんない?」とお願いする男性は我が儘だと思うけれど、それでも触らせてくれる人がいる場合は、その人にとっては、わがままではないということになるかもしれん。

なので、ナニが我が儘かというのも、人の物差し次第ってことですな。
なので、20代女性の内股触りたいので、誰かお願いします。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください