city dawn dusk night

今年の五輪でもコンドーム配布するの?

コンドームを配布する五輪の選手村。

五輪の選手村と言えば、大量のコンドームが無料配布されることで知られている。その歴史は性感染症の予防を目的に、1988年ソウル大会から配布が始まった。

大会によってその配布数は異なるが、2000年シドニー大会は12万個、08年北京大会は10万個、12年ロンドン大会は15万個、そして16年リオ大会では史上最多の45万個が配られた。

ちなみに、このリオ大会での数字は選手1人あたり約42個のコンドームが配布された計算になる。

海外観客NGの方向で

日本開催のこの東京五輪は、海外からの観客を受け入れない方向で調整に入ったらしい。
それは、コロナ禍だからね。仕方ない。

そして、濃厚接触をしないように充分注意しながら競技を進めていく必要があるし、日本のことだから、そのあたりはきっと上手くやるだろう(希望的観測)。

なのにコンドーム配布?

なのに、選手村でコンドームを16万個配布する

というのはとてもおかしいのではないだろうか?

濃厚接触禁止なんでしょ? なのに、選手に「セックス推奨」? おかしくないっすか? まぁ、でも、配布しないと、

ナマでやって、感染しまくる

ってことか?

背に腹はかえられないってことかしらね。そういう意味では、やりまくりアスリート当てクイズとかやってみれば面白いのかもしれないけど、程度が低すぎるからやんなくていいよ。それよりは、応援しよう!

もしくは、そんなことよりサッカーしようぜ!
ボールは友達!

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。