イバンカ政治家への道

トランプの娘のイバンカが山っ気を出している説。

出席するらしい。

バイデン大統領の就任式に、欠席するトランプだが(それもどうかと思うけれど)、娘のイバンカは出席するらしい。

それについてトランプは

「彼女の最低の決断だ」

となじったが、概ね許容するだろう。

それは、トランプは溺愛している娘だからね。

私はファーストドーターなのよ!

名言「私はファーストドーターなのよ!」でおなじみ、「首を突っ込みたがるでおなじみの」イバンカだが、

それらは全てここに来て理解出来るようになった。

そうか、彼女は政治家になりたかったのね。

大統領になりたいのね

女性大統領になりたいのか? という見方も出ている。ほほお。随分と野心家だ。でも、判らないでもない。あんなに阿呆扱いされても、ずっと執務に没頭してきた彼女です。そしてトランプという史上最悪な大統領の下で、とはいえ、それなりの役職を経験してきた彼女。

日本と違って、アメリカにはドリームがある。共和党の候補となれれば、一気に大統領の道も開けようというもの。

出席はとても印象がいい。

トランプは、つまりお父様は、

「私が月へ着陸する為に途中で宇宙の藻屑となるロケットの一部」

であるけれど、

私は到達します(大統領になるわ)!

ってことなのか。そして、それを理解して、トランプは許すだろう。めっちゃ娘に甘いからね。

それはそれで猛烈に怖い

そうなったらそうなったで、「はいはい」と我々辟易するけれど、それにしても「怖い」ね。そんなアメリカももっと怖い。でも、あり得なくはない。

トランプは、次期選挙に出ないで、負け戦の匂いを感じたら、撤退する潔さ(というかハッキリしてる)を持ち合わせた性格らしいので(アメリカ通の意見を総合すると)、

となると、娘に託す可能性もある。そもそも、この4年間は、トランプにとって、次期選挙(つまり前回)で勝つ為の準備期間でしかなかった。

指示を求め続ける日々だった。外交なんかどうでもいい。国内の指示さえ集まれば。そんなやり方だったね。

指示があるのが勉強しなければならないところ

そんなダメダメな印象しかないトランプなのに、そのトランプが「ああも、指示されている」理由をしっかり理解しないといけないのだと思う。

確かに細かい所では、退役軍人に手厚かったり、

ツボを押さえている

と思える。そして、低所得者層に猛烈に強いし、ポピュリズム大王って感じ。実質どうあれ。

要はみのもんた?

日本で言うと、みのもんたみたいなもんなんじゃないの?

事業やってて、テレビでも有名で、強い知名度があって、社会的地位もあって。

そうやって思うと、ホント、アメリカって夢があるね(他人事)。

ビアンカじゃないよ。

ちなみに、トランプの娘はイバンカだからね。ビアンカじゃないですよ。ビアンカは、誰もが、ドラゴンクエスト5の

最も悩む所

を思い出すでしょう。

フローラ、ビアンカ、デボラ

大抵、ビアンカとフローラで猛烈に悩むよね。ほんと、こんなに悩まねばならないのか?というぐらい、あの時、悩んだよね。

俺も悩んだ。そして、悩んだ挙げ句に、

ビアンカを選んだ僕です。

僕は日大卒業生で、東京生まれ。つまり

「おおっ!俺も東京だよ!」

と人と意気投合することもないし(地方出身ならあるだろうが)、

「おおおっ! 俺も日大だよ!」

と盛り上がる事もない。

だが、ドラクエ5をやった人と話をしてビアンカを選んだというと、

おおおおっ! 俺もビアンカを選びましたよぉおおおっ! やっぱ、ビアンカしかあり得ないっすよねぇええええっ?!

と意気投合することがあるのであります。これ、フローラ派にはあるかな?

ちなみに、デボラを選ぶ人は、キャンディーズでミキちゃん派だった人だと思われ(色々失礼)。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。