person holding lighter

αⅢサイレントシャッター使えば漏れなくフリッカー!

はい、ようやく気づきました。遅かった。なんだかなぁ。と思っていたフリッカー問題。

フリッカーとは

蛍光灯などの下で撮影すると、横縞が入るヤツ、あれね。映像でも写真でも。

あれは、なぜ出てきてしまったのか? 映像だと出る事があったけど、写真だとそうそうでなかった。出る時はド派手に出るけど、そのために何度かシャッターを切って補っていた。連写でね。

αⅢのサイレントシャッターが原因だった。

αⅢには、フリッカーレス撮影機能ってのがあって、それは「サイレントシャッター」だと使えないらしい。で、音がガシャガシャ鳴らないこのサイレントシャッターが気に入って使っていたのだが、これにより「フリッカー」が頻発するようになった。というか、蛍光灯の下で撮影すると、100%フリッカーが付いてきた。

最初は、「このモニターだけだろ、きっと」ぐらいに思っていたが、RAWをフォトショップで開いてもハッキリクッキリ付いている。げげげのげ。とんでもねぇぜ。

で、調べたら、そういうことでした。ああ残念。

サイレントシャッターを辞めろの意

神様がサイレントシャッター撮影はやめなさい、と諭してくれているのでしょう。続けていればきっと、痴漢の盗撮と間違われ、逮捕されかねない、と。

もしくは、サイレントシャッターという機能があるってことは、盗撮も出来るんじゃないか?うへへのへ。と文字通り邪な気持ちが頭をもたげかねない。

そんな危険な香りを察知して、使わない方がいいよ、と教えてくれているのでしょう。

なので、やめました。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。