子守歌を歌いながら殺す母親(大叔母が隣の部屋にいるのに)

なんともおっそろしい。痛ましい事件が起きた。

今年1月20日、米アリゾナ州マリコパ郡フェニックスに住所を置くレイチェル・ヘンリー(Rachel Henry、22)が、幼い3人の子供の口と鼻を塞いで窒息死させるというおぞましい殺人事件を起こし人々を震撼させた。

当時の事件を伝えた『USA TODAY』によると、レイチェルは3歳の息子ゼイン君(Zane)、1歳の娘ミレヤちゃん(Mireya)、次女で生後6か月のカタラヤちゃん(Catalaya)、そして婚約者の男性と大叔母のパーラ・レボレドさん(Pearla Rebolledo)と一緒に暮らしていた。

この日の午後2時頃、パーラさんがレイチェルの婚約者を仕事場へ迎えに行くため出かけており、家にいたのはレイチェルと子供達だけだった。するとレイチェルは何を思ったのか、ゼイン君が見ている前でミレヤちゃんの口と鼻を手で押さえて殺害しようとした。

まだ3歳とはいえ母親の異様な行動に気付いたゼイン君は、ミレヤちゃんを救おうとして必死にレイチェルを止めようとした。しかしレイチェルはミレヤちゃんが息を引き取るまで手を緩めなかった。レイチェルは亡くなったミレヤちゃんをベッドの上に寝かせた後、今度はゼイン君を襲った。

ゼイン君がレイチェルから逃れようと家の中を逃げ回っていると、幸いにもパーラさん達が帰ってきた。そのためレイチェルはゼイン君の殺害を一旦思いとどまったようだ。

しかしパーラさんと婚約者の男性がカタラヤちゃんをあやしている最中にレイチェルはゼイン君を寝室に連れて行き、彼のオムツを変えた後に口と鼻を手で覆い子守唄を歌い始めた。ゼイン君は息苦しさを感じる中でレイチェルの胸などを引っ掻き必死で抵抗したが、そのまま窒息して亡くなってしまった。

この時パーラさん達は別室にいて、ゼイン君が殺害されたことに気付かなかったようだ。そしてレイチェルは最後にカタラヤちゃんに哺乳瓶でミルクを与えた後、ゼイン君と同じように別室で子守唄を歌いながら窒息させて殺害した。その後3人の遺体をリビングルームに運び、まるで昼寝をしているかのように床に寝かせたのだ。

同日の午後7時20分頃、警察に3人が死亡していると通報があり、現場に向かった警察官によってレイチェルは逮捕された。

それから7か月が経ち、同州メサに拠点を置くテレビ局『KPNX』がマリコパ郡保安官事務所から刑務所内でレイチェルとパーラさんとの会話を記録した映像を入手し、事件について新たなことが判明したことで再び注目が集まっている。

映像は今年3月に記録されたもので、レイチェルは泣きながら「あの時は自分が自分じゃないみたいだった。何が起こったのか分かっていなかったのよ」とパーラさんに訴えていた。またレイチェルは当時、薬物を使用していたことで自分が殺害したことを覚えていないとも主張している。

そもそも、この写真なんだよ。

とてもひどい。だが。

あり得ない話で、言語道断。許されない。しかし、我々男性は、いくつか考えるべきこともある。

これは確かに酌量の余地はない。

だが、「母親業」の大変さというのは、男の知らない所で強く存在している。産むのも、責任も、愛情の注ぎ方も、洗濯も、育児も、寝かしつけも、自分の時間がまるで持てない数年間の生活も、食べたいものを食べられない食生活のストレスも、夫の不理解も。

だから、こういうニュースで「ざけんな!」と怒っている殿方に

何、怒っちゃってんの?

と遠い目で鼻ほじりながら斜に構えて見ている女性がいることに我々は気づけない。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください