カテゴリー
書籍 音読、蝉の

ナリン殿下への回想/橘外男

「音読、蝉の」で橘外男の直木賞受賞作の音読を完了しました。ああ、面白かった。

時折、読みながら、笑っちゃうのが僕のいけないところ。だって、面白いんだものねぇ。谷崎潤一郎クラスの作家なんだど!とハッタリかます筆者が可愛い。そしてコミカル筆致も出色ね。当時は「饒舌派」と称されたらしい。

(Visited 11 times, 1 visits today)

作成者: 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。