syringes with medical drugs on yellow background

YouTubeで、新型コロナウイルスに限らず、反ワクチン動画を一挙に削除されることになった。もの凄い影響力ね。だが、僕はそれでいいと思うよ。

誤情報を許さない

次に通り。

 米Google傘下のYouTubeは9月29日(現地時間)、医療誤報ポリシーを拡大し、保険当局が承認したワクチンが危険あるいは機能しないと主張する動画を禁止すると発表した。同社は昨年10月から新型コロナウイルスワクチンに関する誤情報を禁止しているが、禁止範囲を拡大する。
 昨年以来、新型コロナワクチンポリシーに違反したとして13万本以上の動画を削除したという。
 新ポリシーでは、インフルエンザ、HPVワクチン、はしか、おたふく風邪、風疹などのワクチンに関する誤情報も禁止する。例えば、風疹のワクチンが自閉症を、インフルエンザの予防接種が不妊症を引き起こすと主張する動画は許可されない。

ITメディアニュース

読んではいけない「反ワクチン本」

丁度、10月号の文藝春秋で「読んではいけない『反ワクチン本』」という忽那賢志教授の文章が掲載されている。これは、全ての「陰謀論」を完全に論破している痛快無比な記事だ。この記事を読む為だけに文藝春秋買って良い。そんな記事。心のモヤモヤを一気に解消してくれる。

僕の知人の女性にも何人かいる。怖がっている人たち。それは陰謀論かもしれないけれど、ただ、でもやはり、ワクチン接種した後に、「どうなるのか?」というのは今の段階ではまるで解っていないよね、という意見だ。

うーん。それそのものの考え方がオカシイと言う事に気づいて欲しい。レイシックと一緒に考えているようだ。

pexels-photo-4031710.jpeg
ワクチン接種は確かに本人の自由だけれど。

遺伝子への影響

人の身体に永続的に未知の遺伝子的変化を引き起こすだろう。あなたを「遺伝子組み換え生物」に蛙設計がされている

というのが「コロナワクチンの恐ろしさ」という本にある。陰謀論でないと出版業界は金儲けが出来なくなっているというもはや倫理はないぜよ。

で、勿論、これにもこの記事は喝破。シンプルに言うと「ワクチンを使って、mRNAを体内に注入しても、遺伝子がある細胞の核内に入り込む事は不可能であり、遺伝子の改変はあり得ない」と。

開発期間が短すぎるワクチンなので人体実験と同じじゃないか

「医師が教える新型コロナワクチンの正体」という本で従来のワクチン開発は5~10年かけて実験や臨床試験を経て完成している。なのに短すぎるじゃないか。動物実験さえやっていないのだから、人体実験と同じだ!という意見。

これも当然、反駁して打ちのめしている。

短期間でワクチン開発が進んだ理由は沢山あって、例えばいくつかの動物実験や臨床試験を同時並行で行う工夫をして効率よく研究を進めた事。また、mRNAワクチンは従来のワクチンと根本的に違うので(これさえ医者はしらんのか?)、ウイルスそのものを必要としないので、ウイルスを培養する時間が省けた事、等など。

つまり、動物実験さえやっていないというのも「誤り」であり、臨床試験でも「必要なプロセスを省略している」というのも嘘。臨床試験で実施する大規模治験は「従来のワクチンの臨床試験と比べても大がかりなもの」である。つまり、すぐ出来たから駄目なものに違いないという先入観で判じがちな無知の人に刺さるように論理を展開して広げた陰謀論であることが解る。

数年後の身体の異変はまったく研究されていない

これも「医師が教える新型コロナウイルスの正体」に掲載。

これに対してもしっかり論破してる。いちいち頼もしい。

mRNAワクチンの成分が長期的に体内に残る事はない。mRNAは、細胞内でタンパク質を合成するリポソームで数日以内に使用され、その後すぐに分解されるからだ。(他にもデータを列挙)これらのことから、接種後一年以上が経過しての副反応は極めて考えにくい。

またこうも。

mRNAワクチンは今回初めて使われたプラットフォームである。それが不安だというのは解るが、実は、mRNAワクチンの技術は何十年も前から多くの科学者によって研究されてきた。インフルエンザウイルス、ジカウイルスなど実用化に至っていないものの、多くの分野でワクチンに応用すべく研究が重ねられてきた。そしてその何十年にも渡るmRNAワクチンの研究では臨床研究も実施されてきた。だが、長期的な副反応は認められていない。

ということです。まぁ、かいつまみましたがね。

不妊デマ(1)

コロナワクチン副反応報告の80%は女性の被害で、例えば「生理が止まった」「不妊になる」等。

というのは「コロナワクチンの恐ろしさ」という書籍。55頁に記されているらしい。なんだかなぁ。
これもいちいち書かないけれど、要は「んなこたねーよ」ということ。

誤解を招いた誤情報が出たのは、ファイザー社の元ヴァイス・プレジデントとされている人物がネット上に流した首長がきっかけだったようす。新型コロナワクチン接種によって体内で作られる抗体が、胎盤にあるシンシチン-1というタンパク質に反応し、胎盤を攻撃する可能性があるとの主張。新型コロナウイルスのスパイクタンパクとシンシチン-1の構造が類似している為に、抗体が誤って攻撃するということらしい。

だが、実際に、シンシチン-1とコロナウイルスのスパイクタンパクの構造を比べてみると、アミノ酸の配列が同じ箇所がわずかにあるものの、類似性はそれ以外に見当たらず。両者は充分に違う構造なので、スパイクタンパクに対する抗体がシンシチン-1に対して交差反応(間違って反応すること)を起こさないことは確認されている!

不妊デマ(2)

またこのような誤情報も。卵巣を構成する細胞のDNAに取り込まれ、次世代に悪影響を与えるのではないか。つまり不妊になる可能性が懸念される……と「コロナワクチンの恐ろしさ」に記されている(涙)。

まず、mRNAが卵巣に蓄積する事を示すデータは一つも存在しない。
男性不妊についても、ワクチン接種による男性不妊の報告はない。
それどころか、新型コロナから回復した男性の精子が減少しているという報告が複数出ている。

つまり、子育て世代、若い夫婦。ワクチン打つか否か迷っている人は、こういったデマゴギーに振り回されている残念な人たちということになります。まぁ、ネットのサイバーカスケードってヤツなので仕方ないのだが。

photo of woman resting on the couch
医療従事者の負荷を取り除くのもワクチンと言える。

他にも色々

他にも沢山、しらみつぶしに論破してくれているので、堂々とワクチン接種が出来た僕です。そもそも、地球人との戦いなので、俺は元より協力姿勢で接種するつもりだったけれどね。

(Visited 80 times, 1 visits today)

By 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。