あり得ない事がまだまだ世の中では起こっている。

ワールドカップの欧州予選で

イングランド対ハンガリー。その試合の中で、「モンキー・チャント」が展開。とても残念な事だ。

【9月4日 AFP】国際サッカー連盟(FIFA)は3日、ハンガリーで行われたW杯カタール大会(2022 World Cup)欧州予選でイングランドの選手を標的とした人種差別行為があったとして、懲戒手続きを開始したと発表した。英国のボリス・ジョンソン(Boris Johnson)首相は「全く受け入れられない」と述べている。
 2日にブダペストのプスカシュ・アレーナ(Puskas Arena)で行われた試合では、イングランドのラヒーム・スターリング(Raheem Sterling)とこの日は出場機会がなかったジュード・ベリンガム(Jude Bellingham)にモンキーチャント(猿の鳴きまね)が浴びせられた。試合は欧州選手権(UEFA Euro 2020)準優勝のイングランドが4-0で勝利した。

AFP

まぁ、ボコられてたので、その心痛は、解らないでもない。だが。だ。

 ジョンソン首相はツイッター(Twitter)で人種差別行為を非難し、「この手の恥ずべき行為がサッカーから確実に根絶されるよう、責任者が強力な行動を取るようFIFAに要請している」と投稿した。
 これに対しハンガリーサッカー界の上層部は「大多数」のファンを強く擁護。また、シーヤールトー・ペーテル(Peter Szijjarto)外務貿易相はロンドンのウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)で行われた欧州選手権決勝でのブーイングや観客トラブルを引き合いに出し、「偽善」だとジョンソン首相に警告した。

AFP
man crying on field
Photo by Jim De Ramos on Pexels.com

確かに、「陣地」を争うサッカーは、「戦争」に取って代わるモノとしては、「適している」と言える。でも、だからといって、熱くなりすぎるとこれまた厄介であり。ワールドカップとなると、「国」と「国」の対決なので、負けを認められなかったり、勝って喜んでいる側が許せなかったり。

それは解らないでもないけれど。だけれども。って事。まぁ、イエローモンキーってバンド名につけたりする平和な国なのでね。東京ジャップってバンド名につけたりする平和な国なのでね。イエローキャブって事務所名にする平和な国なのでね。そういや、モンキービジネスって小説、面白かったっけ。

【中古】 モンキービジネス / 内山 安雄 / 講談社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:390円
(2021/9/4 22:45時点)
感想(0件)

ポスト菅総理。どうなるのだろうなぁ?

(Visited 66 times, 1 visits today)

By 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。