ユーロ2020がようやく始まる

いよいよ、サッカーのユーロ2020が始まる。2020を2021にやるという。まぁ仕方ない。つまり、windows95とかだったものが、1995じゃなくなると急に古くなったみたいになるから、OS売れないよね?ってことで、年表示がなくなったよね。

なので、ユーロも、ユーロ2020とかにしないで(もはやナマでやっても再放送みたいな試合に見えるからね)、ユーロVistaとか、ユーロ10とかよくわかんないカウントにしちゃえばいいのにね。ウソ。

スペイン暗雲

キャプテンのセルヒオ・ブスケツがコロナ陽性。えええっ?!それは困る。

セルヒオ・ブスケツがコロナ陽性。

これは、最初から蹴躓いた感じざんすよ。もう、チャビもイニエスタもいないので。お願いよ。ブスケッツさん。早く戻って! もうニャロメに似てるとか言わないからさ。

発表文によれば、代表チームのキャプテンを務める32歳のブスケッツは6日に陽性が確認されたものの、他の選手は全員が陰性だったという。

AFP
ニャロメ(赤塚不二夫)

フランスはベンゼマ復帰

レアルマドリーのFWのベンゼマが、フランス代表に6年ぶりに復帰した。デシャンが選手たちと話をして、そう至ったらしい。ベンゼマは、フランスの選手でダントツナンバー1の活躍を認められている今季だが、選ばれていなかった理由は、「脅迫事件」による。

ベンゼマは2015年に、チームメイトのヴァルブエナを「セックステープ」を使って脅迫。フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長は憤慨し、無期限の追放処分が下された。

SPOZONE

ベンゼマはツイッター(Twitter)に「今回のフランス代表復帰と自分への信頼を誇りに思う。家族、友人、クラブ、そしていつも私をサポートし、毎日力を与えてくれる全ての人に感謝する」と投稿した。

AFP

つまり、デシャン監督は、「疑わしきは罰せず」なのか。それとも「要は勝たなきゃダメなのよね」という事なのか? ともあれ、グリーズマン、デンベレたちと、ベンゼマは活躍することでしょう。

W杯より面白い

僕は、ワールドカップより面白いと思っております。ユーロとコパアメリカを見れば、W杯より良い感じ。なぜなら玉石混淆ではないからね(アジア陣に失礼)。地球の裏側で行われるコパアメリカは、なんとabema独占放送! 佳境からはPPVらしい。困ったなぁ。またお金払うところが増える。でも、メッシが「代表で頂点」に立つかもしれないと思うと、お金は惜しくないよね。ウルグアイもチリも見たいよねぇ。何よりブラジルもね。

ネイマールじゃなくて、アウベスがキャプテンになったらしい(ネイマール可哀想)しね。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください