selective focus photography of magazines

森喜朗「早大裏口」臭プンプン

週刊文春が面白い。今に始まったことではないが。週刊誌と月刊誌の違いと「意義」を教えてくれている両者どちらも愛読中。大学の時から文藝春秋は読んでる感じ。おっさんだな。

コネありきの人生

森喜朗が書いた本で、大学入学も就職も、コネでつかみ取った事を明言しているらしい。

自分の力で入ったわけではないが、不正に裏口入学したワケでもない。(略)当時は体育局の推薦を得られれば、点数に下駄を履かせてくれた

だそうです。うえええええっ?!

産経新聞入社も

大卒で産経新聞に入ったが、これも「推薦を約束」されていたが、採用通知が届かず(その年新人採用を控えた年だった)、激怒した森喜朗は産経新聞に抗議(笑)。

結局、入社試験を受ける羽目になるが、この試験は「私を落とす為の口実だ」と勘ぐり、

答案用紙に名前だけを書いて白紙で提出した

という話。そして、試験は合格、60年に入社。なんだかなぁ。


そのほかにも、沢山の「女性蔑視発言」のオンパレードが記録されていて、見ていて吐き気を覚える。昭和生まれの僕でさえそうなのだから、若い人たちはたまらんだろうなぁ。

五年間で二億五千万円のパーティ収入

などは週刊文春で読んで見て下さい。めちゃ面白い。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。