toddler wearing head scarf in bed

63歳でパパ(クリス・ペプラー)?!

すんません、知りませんでした。おめでとうございます。

クリス・ペプラーといえば、

TOKIOほっとわんはんどれっどですけれど、あんな素敵な番組をやっている彼でさえ「本当のことをいえば、全て自分の好きな曲だけをかける番組をやりたいのだけれど」とおっしゃってる。ふへぇ。そんなん氏でも実現しないのですなぁ。

そんな神DJクリス・ペプラーさん。63歳で父親になった事を告白。去年の夏に赤ちゃんが生まれていたそうな。

明智光秀の子孫

それが、テレビの企画で「祖母にあんたは明智光秀の子孫なのよと言われていたのがとても気になるんですけど」と調べて貰ったら、実際に「そうだった」事が発覚したので、なんだろ、明智光秀が凄いのか、クリス・ペプラーが凄いのか、なんだか解らない状態になっている昨今です。

つまり、お子さんも、明智光秀の子孫ということになります。明智光秀の子孫が途絶えなくて良かったという事なのかもしれません。

どっちを言う?

そのお子様が大きくなった時に、なんだか個性的な自己紹介を強いられる環境に陥った時に(新入社員歓迎会とかね)、どっちを言うのだろう?

明智光秀の子孫です。

なのか、

クリス・ペプラーのせがれです。

なのか。勿論、どっちを先に言おうとも、片方を言わないということはないだろう。

そうやって考えると、「明智光秀」→「クリス・ペプラー」の順で言うのがいいだろうな。

なぜなら、FMファンなら、クリス・ペプラーが明智光秀の子孫であることを知っているから、クリス・ペプラーのせがれを先に言うと、明智光秀はなしをした時に綺麗にオチないね(どうでもいい)。

62歳で仕込む

それよりなにより、自分が気になるのは、63歳で奥様「君嶋ゆかり」さんとの間にお子様を授かったということは、62歳で仕込んでるってことです。高齢でお父さんになったといえば、上原謙が有名だけれど、というか、僕の記憶には残っているのだけれど、

今となっては、平均寿命も延びているので、もしかしたら、赤い球がポロリと落ちるタイミングも延びているのかなぁ?と思わざるを得ない。というか、ワクワクする。

60といえば老人のイメージしかない

還暦といえば、老人のイメージしかないのだが、今はそうでもないのかな。と思ったり。バリバリ働いている人多いよね。沢山居る。

不安はないのか?

そして、子供の成長を見ていく上で、不安はないのだろうか? いや、僕だったら、「えー、あと20年以上も働くのぉ、やだーっ」って思いそうだし、

いや、働かなくていい財力があった(残せた)としても、子供の手前、働いた方がいいに決まってる。

僕はそういう事を強く感じている。ここ数年。55歳ぐらいでアーリーリタイヤしたら人生どうなるんだろう? やっていけないかしら?と計算しまくっていた40代。その頃から、ずっと全部の仕事を放り投げて辞めてしまったら、それはそれで気分爽快なんじゃないか?とかね。

でも、そうすると、劇団はやりたいし、とか色々な事がつきまとってくる。ああ、あの人とやっているあの仕事は続けたいなぁ、とかね。

でも、それを考える目安となったのは、他でもない自分の子供の年齢だ。親としての責任感が、ある程度「親らしい事をしてやりたい」という気持ちにさせるので。

では、どっちがいいのか?ってことでいえば、恐らく、クリス・ペプラーさんのように、いつまでもしっかりしている方がいいのだと思う。ボケるの遅そうだしね。俺、早そうだものなぁ。夫婦で先にボケた方が勝ち!みたいな雰囲気になってるから(ボケなかった方は介護しないとならんからな)、早くボケたいとさえ思っていた時期もある。今は違うけどね(当たり前)。

働くポーズを見せる理由

クリス・ペプラーさんなら働かなくても食わしていけるだろうけれど、僕が働くポーズを子供のためにとり続けたいと思ったのは、やっぱり、「子供が思う大人の仕事らしさ」を見せてやりたい部分があるのよね。

部屋でくだらない番組を編集して、ブヒャヒャヒャって笑っている、いわゆる「遊んでいるような父親」というのはなんだか仕事出来そうな印象ではないだろうし、「このオッサン大丈夫か?」と思われそうで心配。

幼い子供が「仕事してるっぽい」仕事をしていた方がいいような気がしてね。あるとき、スーツ着て出かけようかと思ったが、それはそれで阿呆なのでやめた。

ともあれ、おめでとうございます(遅いけど)。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。