認知症の蛭子能収を思う根本敬サンの愛と友情とリスペクト

蛭子能収さんが認知症を患っているのはどうやら本当のようだ。

御年72歳の蛭子能収さんは漫画家です。覚えてるけど、東京乾電池に柄本明さんが面白がってずっと出てて、そのまま乾電池オフィスに入った時期。あの頃の乾電池も面白かったし、岩松了さんから始まる静かな演劇ブームのずーっと前の渋谷ジァンジァンの頃から面白かった。

映画だと「下落合焼き鳥ムービー」の柄本さんとかサイコーだよね。ちなみに渋谷ジァンジァンには柄本さんが蹴って穴が開いた柱がそのまま使われていた記憶。コント公演をやらせてもらった時はうれしかったし、実際、その柱の穴を見て感動したのを覚えてる。

そういや、21歳の時に東京乾電池の芝居に出たな、僕。紀伊國屋ホールの楽屋で出番前の高田純次を起こしてたな。大好きな転位21の山崎哲の「まことむすびの事件」だ。若手足りないから宮川来い!と日高舞台照明の日高さんから呼ばれたんだ。

その時に乾電池の劇団員だった女性が、数十年後に僕のラジオ番組に蛭子サンがゲスト出演してくれた時にマネジャーとしてついてきてて猛烈懐かしかった記憶。閑話休題。

蛭子さんの認知症

8月4日の記事。

認知症と診断されたからといって、オレの中で何かが変わったということはありません。いきなりすべてわからなくなったわけでもないし、オレはオレのまま。いつもどおりの毎日が続いているような感じなんですけどね」

女性自身(ヤフーニュース)

これは3年前のお正月。2017年1月2日。

「実は、6月放送の第23弾のあと、太川さんに相談しに行ったんです。『体と頭がキツい、もう辞めたい』って。そのときは、何を言われるかとヒヤヒヤしていたんですが、太川さんは『僕も25弾で終わるのが、キリがいいなと思っていました』とオレをいたわってくれたんです。そして、一緒に番組を『卒業したい』と−−。“戦友”として気を使ってくれたのだと思いましたね。最近では、別の旅番組でロケに行くと、現地の人に『あれ、太川さんは?』と言われることがあるんです。太川さんはどう思うかわかりませんが、オレは、ちょっとうれしかったりします(涙)」

女性自身

アイデンティティは漫画家

本人の職業は漫画家なんだけど、テレビなどマスメディアで目立つと「テレビの人」にされちゃうし、「タレント」に自動的にされちゃう。

僕もとあるテレビ出た時に「肩書きラジオパーソナリティでいいですか」っていわれて面倒だから「はい」って言ったもんな。(その方がいいんでしょ?ってことね)

その蛭子能収さんの漫画家時代を当然知ってる仲間たちは、タレント蛭子能収をどう思っていたのかは想像にたやすい。

その中で、僕が大好きな根本敬サンが友情あふれるツイートをしていて気持ちがとても温かくなる。本当に素敵な関係だ。

蛭子さんと電話で話していて芸能人というか人間としての自己評価が下がったいるのを感じた。でも蛭子さんに絵を描いて欲しいというファンは日本中にまだ沢山いるんだよと何度も言うと「えーそうなのぅ?」そうですよ沢山いるんですよと繰り返し強調すると段々元気になって行った。さあこれからだ!

根本敬さん

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。