abstract activity art background

「異常震域」とは?

(引用:地震News

異常震域とは何か?

異常震域とは何か?

気象庁の観測によりますと、震源地は三重県南東沖で、震源の深さは380キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.2と推定されています。今回の地震は、震源が380キロと深く、陸側のプレートに沈み込んでいる、太平洋プレートのさらに深い場所で起きた地震とみられます。
こうした地震は“異常震域”と言われ、地震の規模が大きいと、地震波が伝わりやすいプレートの内部を通って揺れが遠くまで伝わることがあります。

(引用:NHK

というニュースを受けて、

え?異常震域ってなんじゃらほい?

と思って調べてみたら、過去に何度もあったらしい。知らなかった汗

↑これは、2019年7月28日のウェザーニュースから引用。

こんなに離れている所に影響があり、近くはほとんど影響がない。
要は

「震源が深すぎると、遠くに影響を及ぼす事がある」

ということらしい。

引用:ZAKZAK

深すぎると、振動が伝わらない部分があって、伝わる部分を経由して、遠くを揺らすそうな。へぇ。

【地盤が緩くて大きい震度が観測されやすい場所】

  • 兵庫県豊岡市
  • 長野県諏訪盆地周辺
  • 埼玉県宮代町笠原
  • 福島県古川町会津若松
  • 神奈川県二宮町
  • 石川県輪島市門前町

だそうです。地盤が緩いのは、色々な理由があるらしい。wikiによる。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。