カテゴリー
blog

百年の孤独

何度も読みたいのは、この小説。構造が圧巻。なのにマジックレアリスム。なのに最後は・・・。
でもまぁ、こうして書いているってことは「ああ、読み返す時間は暫くないなぁ」という残念な気持ちの表れですのねん。

(Visited 19 times, 1 visits today)

作成者: 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。