筒井康隆展で小学校二年からツツイストの宮川が最も感銘を受けたのは?

小学校二年生の時に「日本列島七曲り」を読んでからというもの、むさぼるように筒井康隆の世界に引きずり込まれました。常識というものが如何に馬鹿馬鹿しいのかということを教わりましたし、ルールや規範というものは全て「壊すべきためにある」という事も、師の活動を見るなかで教えられた。そんな風に思っている創作者はとても多いのではないでしょうか。僕もそうでした。そして、その筒井康隆展が世田谷であるっていうので、行ってみました。大抵の事は「知っている」ので驚きはないのですが、図で師の作品をカテゴライズしてる大盤がとても興味深く。へぇと。筒井先生はこれをこのジャンルと認識してるのかぁ。へぇと。皆さん、行きましたか?

ラジオ日本「宮川賢MT」は、毎週金曜日25:30~26:00まで絶賛放送中!
番組サイトの存続が危ぶまれていた時に当サイト内に引っ越しさせようとしたものです。過去の放送ですが、良ければお楽しみ下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください