大坂なおみ彼氏の前でBLM優勝

大坂やりましたっ! 彼氏の前で。BLMにこだわり続けた中での優勝。

完璧な立ち上がりのアザレンカ

びっくりするぐらい完璧で強い立ち上がりを見せたアザレンカ。こりゃ、無理なんじゃね?と誰もが思う勢い。

でも、それもナオミには「慣れた」もの。

精神的な部分をどんどん立て直して、相手を追い詰めていく。

25年ぶりの快挙

第一セットを落とした人で、優勝した人は25年いなかったらしい。つまり25年ぶりの快挙。すげー。

我慢で相手を追い詰める

2セットは、ブレイクを獲られた後に、ブレイクを取り返す!ということがナオミにあった。アザレンカは母になって強くなって帰ってきたが、ほんの少し、大坂がまさっていた。

大坂にとっても、決勝は良い試合ではなかったらしい。

2年ぶりの優勝

彼氏が見守っている中、優勝。感慨深いね。

ラッパーのYBNコーデー。それがなおみの彼氏。

恋愛に左右されない、もしくは恋愛が力に?

恋愛に依存しちゃう人とかは、恋愛によって、気分が変わる人がいるよね。彼氏が機嫌が悪いというだけで、精神的に不安定になっちゃう役者とかもいた。難しい。なので、続けて芝居をできている女優さんは、「また稽古かよっ!」って男から言われる事とかになれてるんだろうなぁと思ったり。

優勝した瞬間の天を仰ぐなおみ。直後に俯く。
やるぜ、大坂。
優勝した後、コートに寝転がるナオミ。

USオープンは二度目。グランドスラム大会では3度目。世界の大坂に完全になった。そしてあんまり、チャーミングな「脇の甘いコメント」は少なくなってきたナオミ。それはまたそれでかわいい、とも思う。

アザレンカの粘り

アザレンカのブレイクバックも感動的だったし、完全に一筋縄ではいかない「見ていてもハラハラ含めて楽しい決勝戦」だった。

アザレンカは「母になって戻ってきた」。

アザレンカは「なぜ戻ってきたんですか?とよく聞かれる。母になったけど、私は母であると同時にテニスプレイヤーです。だから戻ってきた」と。つまり、

なおみがこだわるBLM問題以外にも、ジェンダー問題が女性アスリートを取り巻き続けているのだろう。

「母としての仕事は大丈夫なの?」みたいな空気がわずかでもアザレンカの周りになったのならば、それは不幸なのか仕方ないのか、変わるべきなのか、それでいいのか、判らない話だけど、ともあれそういうこと。

母になる事が肉体的にどういう変化を来すのかは、僕らには判らない。実感がない。

いつもナオミはドラマを背負っている相手を倒して優勝する

無観客の中で自分の精神をコントロールできる大坂なおみは本当にかっこよかった。もちろん技術とフィジカルあってのことなんだけどね。

ベスト8に母プレイヤーが3人いた大会だった。頑張れ母ちゃん! 産んで人生がそこで縛られるというのはなくなっていい。

投稿者:

宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください