カテゴリー
blog

エヴァンジェリスタ嬢の変わり果てた姿

人気モデルが整形手術をしたクリニックを訴えた! 55億円。

可哀想の一言に尽きる。

副作用の説明が一切なかったが、その副作用の一つの「希有」な症状がドバッと出てしまい、エヴァンジェリスタさんは、脂肪が減る筈なのに、「逆に増えてしまった」。

左が全盛期のエヴァンジェリスタさん。右が現在。

もはや別人。

そして、その恥ずかしい姿を彼女はさらした。もの凄い勇気だ。そして、それを世界が賞賛した。同じ轍を踏まないように、との自己犠牲。あれだけ美しかった彼女がこうも変わるとビックリだ。

ふくよかなる容姿。

顔を自分でさらけるエヴァンジェリスタさん。

左が現在。右が全盛期。

ほんとにシャープで美しかったよねぇ。CGみたいだったよね(褒め方がヘン)。

整形手術をする女性について

カツラの男性と同じで「アンフェア」な気がしているよ。だが、それは時代遅れ。もはや当たり前のプチ整形であり、ビジネス。

ただ個人的に思うのは、ありのままの自分に自信が持てないのならば、それは悲しい事、という部分。だが、よく考えてみれば、ありのままでないということでいえば、ヒゲを剃ったり、床屋に行ったり、素敵な洋服を着たりってのも、もはやありのままではないし、

ハイヒールを履く事も、「背を高く見せようとしている」残念なアンフェアなのか?

といえば、どうだか解らない。虫歯が出来て、詰め物をする。差し歯をする。これも「ありのままではない」「アンフェア」なのか? という話だからね。

昭和のオヤジが「アンフェア」だと思うだけで、令和の男女は「フェア」だと思っていれば、それは「フェア」なのだ。それで言えば、整形手術も通常運転。ってことだよね。仕方ない。

問題は?

で、問題なのは、娘が整形をしたいと言い出した場合にどう対処するか、だけれども。
俺はして欲しくない。だが、それを迫るのもなんだか違うようにも思う。では、何ならオッケーなのか?

豊胸?

二重まぶた?

顎を削る?

もはや解らないね。うーん。どうなるのだろう?

messi&チャビ&イニエスタ。3人がいた時のバルサのサッカーは本当に凄かったよ。今見て改めて感動するね。
(Visited 382 times, 1 visits today)

作成者: 宮川賢

何しろ、インプットを多くしないとアウトプットばかりだと枯渇しちゃうし、ヤバいのでまずは読書を。そのためにソロキャンプや旅行や仕事も頑張らないとなりません。なーむー。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。