(新)中年童貞生活を終えた劇団員?!

宮川賢主宰劇団ビタミン大使「ABC」アトリエ公演「妻恋チェリー」無事終了しました。下品なやりとりが展開することにより「今回の公演は、老若男女が楽しめる公演ではありません。如何に下品な台詞が出てこようともそれを楽しめる許容量をお持ちの方のご来場をお待ちしております」と但し書きをしただけあって、いらしたお客様の中には「まるでへーき!」という方もいらしたし「下品ってそういうことだったのか・・・」と反芻なさる方もいて、勿論中には「覚悟はしていたけれど・・・」という閉口気味の方もいました。まぁ、大方予想通り。そして何より、ラジオファン、アニメファン、アイドルファンを全方位的に敵に回すような事になってしまった為に、誤解がとけるのかとく必要があるのかなんてこともこれから考えねばならない点ですかね。ともあれ、劇団員の山梨谷梨との片付け作業が終わった所で、私と山梨の二人で録音したのが今回です。ムカデに噛まれたアイツですっ!

(新)ムカデの恐怖に襲われた夜

トラブルに見舞われていきなり寝不足になった奴がいました。なんだそりゃっ?!

(新)ラジオで言えないネガティブな話

久しぶりの更新です。九月に入りましたねぇ。火花という小説は現代を写している青春小説だと思うんですね。なんだろお笑いタレントを目指すっていうのは、若者の一つの「記念受験」みたいなものになりつつあるようですし(まぁ同様なものには女子アナを目指す、声優を目指すなんてのも入るかもしれません)、そういったかつてはタレントを目指すというのは突飛な発想だったものが、現代では「ありがちな」設定になっているという点においても極めて日常的な若者を描いている。なんだまたその話かというと、九月になったので、九月といえば高橋三千綱の「九月の空」を思い出すワケです。青春小説の凄い所は、永遠に読後感が色褪せないということ。三田誠広「僕って何」も勿論そうです。武者小路実篤も然り。で、青春小説を我が子に勧めているのですが、小学校の時に娘に買い与えたのが「くちぶえ番長」そして中学に入ってから与えたのが「武士道シックスティーン」とかの武士道シリーズ。それが面白かったようで、娘は本屋で見つけた「武士道ジェネレーション」つまり新作を母親に買って貰って読んでおりました。結局そういう事なんだよなぁ。親が何かに導いてやらないとならない代わりに導いてやれば多少は感化受ける。当たり前か。自分が親とはいえ「他者」に自分の人生をねじ曲げられたくなかったから、自分の子供にもそのまんまで行かせてやりたいと思うけど、それは自由というなの教育放棄でもあるなぁと思ってね。ならまぁ、小説を与えるのはいいか。で、小説を買うのは、いつも赤坂に行く仕事の日、文教堂という株主割引券が使える書店で買います。それは土曜日で生放送がある日です。今日の「お前の母ちゃん」はその土曜日のある有名なる番組が終幕を迎えるという自分にとっては悲しい現実についてのお話でございます。

(新)美人女優に演出出来なかったの巻

稽古でした。なかなかはかどりました。というか、はかどった事にします。でへへ。「妻恋チェリー」は9月10日~14日で大塚レ・サマースタジオです。まぁ、なんというか、中年童貞の話なので、下ネタが駄目な人はNGです。でも、そういうのがオッケーなら人ならちゃんと楽しめると思うんですけどね。
さて、山梨谷梨が帰った後、収録したのが今回ですが、直前まで美人女優さんを演出せねばならず、しかも演出しづらいシーン(というか台詞)だった為に、とても苦労したという「俺がチェリーじゃねぇかよ!?」というお話です。嗚呼、もう五十すぎてるのにねー。とほほ。
明日は、照明セットを山梨谷梨と一緒にやります。山ちゃんと一緒にいる時間がとても長いような気がする。仕方ないな。劇団員だしな。奴は。むぅ。

(新)「火花」主役アピールする芸人サンたち

カルちゃんが来ました。ああ、良かった。安堵のため息と同時に、せっかくだから、ならば、ちゃんとスタジオで録音すっか、と。明日は土曜日、パカパカだぁ。今日はクジハンズの録音、まつぼっくり王国の録音。それぞれの編集。すげー頑張ったので愛人がいたら、背中を流して貰ってもいいよね。巨乳でくびれてるサンスケさんいないかしらね。なんてことはさておき、中でも少し宣伝してますが「妻恋チェリー」は9月10日から大塚レ・サマースタジオにて。3000円で発売中。ビタ店(v-mise.com)で売ってます来てね。出演:ケベ、山本琉聖、阪田智靖、山梨谷梨、宮川賢

(新)台本書き上げたご褒美にNスペみたよ

Nスペは「ぬるぬるスペルマ」の略ではありません。NHKスペシャルです。嗚呼、丁度、中年童貞のお話を書き上げた所なので、その芝居の中には、極めて下品なやりとりが展開するので、その流れでそんな非道い書き出しをしてしまいましたが、更新したのはそういうこっちゃなくて、従軍看護婦の話がとても泣けてくるぜ、と思ったの巻。でした。大人気「立川亮」さん率いる「タンゴアカシアーノ」の「浮気願望シンドローム」またまた紹介します。なんかこの曲聞くと、浮気してもよさげな雰囲気になるよね。駄目なんだけどね。今日は大塚の「鳴竜」のラーメン(おすすめ)食べにわざわざ歩いて南口まで行ったのにやってなかった。とほほ。まあ、お盆ってことですかね。むぎゅー。皆様におかれましては、ぜひ、風邪などひきませぬよう。そうそう、「妻恋チェリー」は9月10日~14日、大塚レ・サマースタジオにて。ビタみせ(v-mise.com)にて好評前売り中!来てね!俺も出るっちゃよ。ラジオパーソナリティで登場人物で「唯一童貞じゃない男」の役なのだ。