(新)石巻弁「ひてこびふたつあがぐ~」の巻

石巻ライフという小冊子が配られていました。見ると石巻弁が解説されている。よくわかんないんですけど、なかなか興味深い。方言って不思議なものだよねぇ。/そして翌朝、女川へいきました/石ノ森萬画館の裏手に「芝生」が出来ていました。すげー綺麗!やったーっ!

(新)「女川一中生の句・あの日から」紹介

はとり文庫「女川一中生の句・あの日から(小野智美=編)」を紹介しています。宮川は女川駅にある「ゆぽっぽ」に入ってあったまったものの、そこで売っていた文庫を買いました。それがこれ。「景色が一変した故郷、女川町。五七五にこめる中学生の想い」津波が町を襲ったあの日から……2011年5月と11月に、宮城県女川第一中学校で俳句の授業が行われた。家族、自宅、地域の仲間、故郷の景色を失った生徒たちが、自分を見つめ、指折り詠んだ五七五。記者として編者は、友や教師や周囲を思いやり支え合う彼らの姿、心の軌跡を丹念に辿る。と裏面に記されています。900円+税。はとり文庫です。買ってみてね。

(新)マムちゃんにご挨拶したよ!の巻

女川のエル・ファロというトレーラーハウスの宿に泊まりまして。その部屋で一人でぶつぶつ喋っています。こうやってぶつぶつ喋ると「お前の母ちゃん」ぽくなりますね。なんのこっちゃ?! 振り返るのは「TBC夏祭り」のこと。終わってからマムちゃんにご挨拶させて頂きました! やったーっ! そして、普通に三太郎さんがお弟子さんとして付き添って来ている事に驚いたよあたしは。(私がそばにいてあげる……が始まりそうで始まらない長めのジングルを含みます)/ゆぽっぽは気持ち良かったけどね/女川さいがいFMに出られたのに出られなかったのかああああっ?! 折角来たのに~っ?!むぐぐのぐーっ!