「サブリナ」ニック・ドルナソ著のグラフィック・ノベルの紹介。

仕事から帰る途中にサブリナが行方不明になって、ひと月が経った。心配のあまり不安定になった彼女の恋人テディは、遠方に住む幼馴染カルヴィンの家に身を寄せる。サブリナの妹サンドラは、姉に何が起きたかが判明するのを苦しみながら待っていた。そしてある日、衝撃的な映像を収めたビデオテープがメディア各社に送られる……。グラフィックノベル初のブッカー賞ノミネート。現代のIT社会、SNS社会が持つ諸刃の剣を両刃で傷付けられる怖さ。なのに、おだやかになタッチで物語は淡々と進む。文字が極端に少ない。なのに、読むのが速くはならない。いい映画を見終わったときって、しばらく客席から立ち上がりたくないよね。そんな本。色彩が可愛くて、絵もファンシー。なのに描かれるのは……。

サブリナ

新品価格
¥3,960から
(2020/2/12 21:36時点)