「(新)『火花』を読みましょう」の巻

ピース又吉さんの「火花」を読んで思ったことを綴ってます。ハッキリ言って「面白かったぁああああっ!」です。今日は、スタジオ立ち会いなんです。事務室でスタジオ番なんですね。でも、舞台が近いから物音立てられないんですけど、声出して笑ってしまいました。そして、感動もする。キュンともする。2時間弱でこんな体験が出来るなんて、やっぱり映画やテーマパークとは大きく違う世界が文学にはあるよね。だが。だが。では、選評は・・・。文藝春秋で読むってことはもちろん、選評が掲載されているわけで。

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。