富里スイカ!!!

富里スイカを購入して喰いました!!!

富里スイカ

富里スイカは、何しろ有名らしくて一度食べてみたかった。

富里市は海に囲まれた千葉県の中でも内陸に位置し、昼と夜の温度差が大きいとされています。実はこのことによってスイカの糖度が上がり、つまり甘いスイカができます。

富里のスイカの出荷時期は5月中旬から7月中旬までとなっており、ちょうど梅雨の長雨の時期と重なります。これはスイカにとって必ずしも良い環境(気候)とは言えません。しかし、富里市ではビニールハウス栽培(トンネル中でのスイカ栽培)することによって、その悪い条件を克服しています。

へぇ、そんな感じらしい。

で、大玉5千円ぐらいのを購入。届いてビックリ。うひゃー。大きいね。

冷蔵庫に入れると甘くなくなる

能書きがついてて

冷蔵庫に入れると甘くなくなるので、切るまでは室内で保存して下さい。

と書いてある。へぇ。

で、暫く部屋に転がしておく。なんだか、ドキドキする。だって5000円のモノがゴロゴロしてるんだぜ。板の間にはどうしても転がしたくなかったので、和室の居間にゴロゴロさせた。なんだか、家族の一員のようだ。時折家族の誰かが触れると、ゴロンと動く。おお。スイカも動きたいのだな。床ずれとかしちゃったのかしら? え、寝てたわけではない? 立ってたの? ちんこも? いや、よくわからん。ともあれスイカは元気に我が家で家族の一員と化したのです。

で、食べる

そして、いよいよ食べる時が来た。本当に美味しかった。

ああっ! ビックリするほど甘い。ジューシー! ああっ!美味しいっ!

僕は、半月状のスイカを両手に持って、バグバグ食べるのが子供の頃からの夢だった。食べやすく小さく切ってあるものなんぞ、食べたくない。それよりは、庭先で、ペッペッと種を吐き出しながら、食べたい。でも、そんな庭なんてない。田舎が欲しいと思ったのはそういう理由だ。田舎は映画の中でしかなかったけど、そのうちプレイステーションの「ぼくの夏休み」で疑似体験(なんとも悲しい東京者のサガ)。

とても美味しかった。ああ、満足。くちの回りをびちゃびちゃにして食べるのが夢だった。

もうひとつの夢

実は僕にはもうひとつの夢があった。先日それも叶った。

それは、子供の頃に貧乏だったせいか、「しらすおろし」を贅沢に食べたかったんだな。

贅沢に

ってどういうことかというと、大根おろしの上に乗ってるシラスが「猛烈に多い」状態のシラスおろしが食べたかった。家で子供の頃に食べたのはいつも「ちょこん」と乗ってて、貧しさをかみしめていた。

舞台をやっていると、俳優たちは「大根おろし」が喉に良いことを知っているので、居酒屋で「なめこおろし」とか「しらすおろし」とかをオーダーする。飲み会も必要だけど、喉のケアはもっと必要だ。そうそう、そう言われて見れば、みんなコロナ関係なしに、手をよく洗うし、うがいもする。それでも風邪引いちゃうのが芝居の稽古で(涙)。トホホ。

そんな居酒屋を含め、ましてや我が家での(中野区大和町)シラスおろしも含め、そんなチョコンと乗っただけではない、多く乗ったシラスおろしが食べたかったのだ。

一夢千円の自動販売機。近々の「宮川賢MT」で登場予定(涙)。

それは先日めでたく叶った。ああ、嬉しい。夢なんてそんなもんだよね。

ま と め
あとは、叶えたい夢は、ビーチで、女性の背中にサンオイルを塗ることです。夢を持つのは自由です。フリーダムです。夢は必ず叶う。そう信じましょう。うんうん。

日本民家園。これまた「宮川賢MT」にて近々登場。「うんことくらし」ってのをやっててね。行って参りました。

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください