ポスト安倍を安倍にするために?

河井克行、案里の撃沈により、どうしてそんな大金が総理から広島へ?と疑問が噴出する中、広島県民には常識だったが、日本中に広まる事となったのが、溝手おろし。

安倍晋三は過去の男

広島で2議席を狙おう!と急に決めて、放り込まれたのが案里氏だが、そこはベテラン溝手顕正を「党により虐める」為だったようで。

溝手さんは、結構、安倍晋三をディスり続けてきた事もあり、嫌われているとな。

で、2議席とって初めて勝利!なんて綺麗事を言いながら、案里と溝手さん両方を!と上っ面では言いながら、溝手虐めを展開。その為の1億5千万だったようで。特命なので、絶対に案里を当選させねばならなかった。懐刀の河井克行は頑張っちゃって実弾攻撃。そして逮捕。あらあら。

案里氏は何も解ってないパープリン然として、可哀想という見方もあるけど、溝手潰しという私怨に利用されたのはハッキリしてる。

安倍晋三は恨みを忘れない?

安倍さんは根に持つタイプなのね? とみんなが思っているようだけど、用意周到に誂えたシナリオだったんじゃないかという見方もするべきで。

それは、溝手さんの私怨もあるだろうけれど、ポスト安倍の筆頭の岸田文雄の「お膝元」。話を詳しく見て見ると、

ははーん。安倍晋三は、4期目に俄然やる気なんじゃないの? ってね。
自民党では3期までと決まってるらしいけど、野党に渡す危険に晒すなら、内規変えちゃって4期やっちゃえ!はありうる話。そもそも、麻雀オジサンの定年問題よろしく自分で変えちゃえばいいわけだからね。俺がルールブックだ(by安倍晋三←違う)。

岸田文雄はハメられたのか?

まず、得票数を半分にまで減らして身内(案里氏)に負けた溝手さんはどういう人物か。

岸田派の最高顧問でもある溝手顕正の改選は、当然に思えた。だって、防災担当大臣などを歴任している大ベテラン。6期目を目指して早々に公認が決まる。そりゃそうだ。

だって、広島って場所は、池田勇人とか宮沢喜一を輩出した保守王国。池田元総理が創設した宏池会がどっしり構える。その流れを岸田が引き継いでる。つまり岸田文雄のホーム。

自民党広島県連は、「ちょっと待ってよ。溝手でお願いしますよー」と地元企業に根回し頑張ってたんだけど、全国に4つある定員2の選挙区で、自民党が2人を擁立したのは広島だけ。

つまり、案里氏は、総理が送り込んだ刺客。

広島県連は、党本部と対決する形となる。完全な内紛。あらあら。

農協や医師会など、県内に200近くあるとされる自民党の支持団体の多くは、「溝手支持」をすでに決めていたが、河井本人や総理秘書らが、1団体1団体、総理名の推薦依頼書をたずさえて回り、翻るよう求めた。(NHKのサイトweb特集)

そこから、政権側に配慮して、案里よりに願える団体が数多くでてしまい、結果敗北。あちゃー。

自分の悪口叩いてた溝手を叱ると見せて、その実、岸田文雄の立場を追いやろうという事なんじゃないの? って思ってるのは僕だけかしら。4期目やる気まんまんなんじゃないの?ってね。

岸田はハメられた

僕が岸田文雄がハメられたと思うのは、まさにこの溝手VS.案里の時の話。

選挙戦の中で、広島のマスコミが「溝手不利。案里追い上げ激しい!」の報せが飛び交う中、つまりある程度、決した後に(ここが大事)、

総理は溝手の応援に広島に現れた!

正確には、二人を応援する為に、案里の応援、そして溝手の応援に来たのだ。溝手さんはホッと安心したのかもしれないが、安倍晋三としては充分に「悪口の代償でビビらせた」ので、既にご満悦だったのかもしれない。

問題はこの点ではない。その裏で、おそらく安倍晋三と話が出来ていたのであろう、岸田文雄が「案里の応援演説」に加わった!

えええっ?! ちょっとまってよ。広島は、あなたの街でしょ? どうして刺客を応援するんだ? ちょっとぉ~っ?! わけわかんないよーっ!?

それが自民党広島県連と支持者たちの気持ち。県連関係者は怒り心頭に発する。

溝手さんは敗北した。そして案里は当選。
それにより、溝手さんと同様に、もしくはそれ以上にダメージを負う事になったのは岸田文雄。県連から総スカン。県連関係者の言葉が重い。

「もっとダメージが大きいのは岸田さんじゃ。県連のリーダーとして派閥の仲間を守ることもできんかったし、党幹部として2議席独占を果たすこともできんかった。ポスト安倍は遠のいたわい」

岸田さんならやってくれる!と思わせない作戦

ポスト安倍の筆頭候補の岸田文雄が広島で総スカン食えば、4期目も視野。しかも、やりたくて、ではなく「党の決まりとは相反しますが、やってくれません?」って乞われて続投。パーフェクトなシナリオ。

僕はそう思ってるんだけど。あくまでテキトーに言ってるだけですよ。で、溝手さんは(広島の)候補になるの?てか、もうそんなのどーでもいいのかな? 一度お味噌ついちゃったしね。

だが?

だけど、これまた夫妻逮捕をトカゲの尻尾切りで切り抜けようとしてるとしたら(尻尾ってほど胴体から遠い存在ではなかったけどね)、森友8億円事件同様、今度こそ、マスコミが頑張って糾弾せんと。とも思うし、既に民放は懐柔されてるので期待薄というのもある。

元吉本興業の竹中功さんの言葉。

フジテレビ「ワイドナショー」に安倍晋三さんが出たことがありましたけど、僕がもしマネージャーだったり担当者だったら、出演には反対してました。ましてや、安倍さん出てくる時に立って出迎えて、途中で退席する時にみんなで立って見送るなんて考えられへん。

今や敵が居ない状態。地獄の黙示録のマーロン・ブランドのようになってしまった安倍晋三内閣。嗚呼怖い。

「次に/誰が/何を」やる?が決まってないってだけで、続投させられる長寿ラジオ番組パーソナリティみたいに永遠を手にしてしまうようで怖い。
岸田文雄
安倍晋三
溝手顕正
闇営業騒動から1年。“伝説の広報マン”が語る真相と課題
自民党広島県連


↑とりあえず、10倍の金を注ぎ込んでも、その使い方がよくわからず、実弾攻撃に出ちゃった河井夫妻。で、貰っちゃったバツ悪い人たちの苦悩。あーあ。


↑もう一度「溝手さんお願いします!」と言ってもいいんじゃないのかなぁ。なんだかなぁ。

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください