まったり出来る幸せ

子供が働きに出た。6月からビデオではなく物理的に出社。

始動

下の子は大学に進学し成人する。

それは、コロナ禍でも、安息をもたらす。

収入が激減しようが、さほどへこたれない。

助かる、助かる。

家族とはそういうものね。
で、まったりする中、新聞に月一で、谷川俊太郎さんが新作の詩をおろしてる。おお。これは、素敵だ。

今朝のを紹介します。あぁ、素敵。

疑う人(谷川俊太郎)

疑う人は
本当は信じたいのだ
この世の何もかも
だがいつも疑ってしまう

鏡で眼を見ると
邪気がある
そんな自分を疑う
疑う自分をまた疑う

疑う人は散歩に出る
小さな公園のベンチに座る
ぼんやりする
自転車が通り過ぎる

紋白蝶が飛んでくればいいのに
と思ったが
代わりにヘリが飛んで来た
疑う人はへこたれない

信じたい自分は疑わずに
疑う人はうちへ帰る
(朝日新聞より)

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。