ラブドールを恋人に★

東京グラフィティという雑誌がある。サイコーに面白い大好きな雑誌だ。

ラブドール

ラブドールというのを知っているかい?
僕は「宮川賢MT」で取材に行きましたがね(近々ポッドキャストで配信されるはず)。

その「ダッチワイフ」から進化した「ラブドール」と呼ばれる性具(と言っちゃあ元も子もないのだが)を恋人としてつきあっているオジサンがいて、そのオジサンとラブドールの愛の日々をまとめたのが2019年4月号だ。迷わず買った。サイコーに面白かった。

東京グラフィティ(2019年4月号)表紙

ただの性具だったダッチワイフは、タマシイを吹き込まれ、恋人になった。それが今のラブドールだ。そして、そのラブドールと共に暮らす男性を特集して取り上げている(テイ)のが東京グラフィティ。
沙織というのは、購入者がつけたのだろうか?

撮影がとても大変だと思われる。もの凄い仕事量だ。

東京グラフィティ(2019年4月号)

劇団の公演で、一枚のスライドを撮影するのに、もんのすごく大変だったのを覚えているので、この特集の1ぺーじ1ぺーじが如何に労力とガッツを要するかは想像に難くない。
見れば解るがスタンドは立ってる。つまり、ラブドールは自力で動く事は出来ない。

なのに、こんなに瑞々しい生活のヒトコマを作り出せるなんて、心底ラブドール愛を感じられる。

デート中。

そして、この特集の凄い所は、

最初こそ「くっだらねーっ!」なんて客観視点で笑っているが、そのうち気付けば感情移入していて、

この恋人同士を応援したくなるんだよね。

ああ、本当に愛してるんだなぁ。とか。

ああ、なのにドール。切ないなぁ。とかね。

間接がちゃんと動かせるのだ。

立つ事も可能らしい。

オリエント工業のショールームに行けば、誰でも見学出来る。

宮川も「宮川賢MT」で取材に行きました。いえ、番組の取材とは告げずに行きました。そこでは録音は回さずにね。

そのおじいさんの説明でもラブドール愛を感じましたよ。本当に美しかった。

妄想を笑ううちに、

どんどん、愛おしくなっていく

せせら笑っているうちに、

その関係が羨ましくなっていく。

何かを買ってあげた所で、とか考えちゃいけません。

彼には、愛があり、奥さんも公認の関係なんだ。

実際の女性のモデルさんのスタイルを形どって作られたモデルと、

非現実的なボンキュッボンなスタイル抜群なタイプの2種類がある。

髪の毛の色、長さ、目の色、肌の色、色々選べて組み合わせが出来る。ギャル風にも和風美女にも。

チクビは、軽くつまむのはいいけれど、強く吸うのは破れちゃうのでダメ、だそうです。

指の間接を動くようにする、肌の奥に血管がうっすら見える、というのはオプション料金で可能になります。

消耗品は、取り外しが出来る局部パーツのみ。数の子天井で、専用オイルがあって、そこに挿入して射精をお楽しみ下さい、とな。

見学は複数人でいっしょにはしないので(きっと恥ずかしがる人が多いのだろう)、一人(もしくは一組)ずつ行われる。そして、20分限定です。最初に説明を受けてから、

「ではどうぞ、オッパイ触ってみて下さい」

と言われ、ドギマギしながら、触らせて貰いました。もの凄くいい感触。

僕は言われました。

「お兄さん、触って勃起しないなんて凄いですねぇ~」

ってね。喜んでいいのやら、悲しむべきなのやら、よくわかりませんでしたが。

まぁ、よく出来てます。そして、本当に、美しい。経年変化でゴム臭が凄くなるタイプとかは古いダメなメーカーが作っている所では横行したらしいが、そのあたりは改善されていて、自信満々だったよ。その代わり高いけどね。

今日の名言。
「ドールの良い所はね、絶対に逆らわないんですよ」

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。