【船内の悲惨な状況】ダイヤモンド・プリンセス号/岩田先生発言の影響

話題のYouTube動画ね。

新型コロナinダイヤモンド・プリンセス

ダイヤモンド・プリンセス号に行った医療従事者の「告発」映像が話題になっている。こういうのを紹介するのは、色々問題があるのだけれど、一つ興味深いのは、朝日新聞が取り上げている事ね。
朝日新聞は、慰安婦の吉田証言の「やらかし」によってよりナーバスになっている筈の新聞社であり、次に何か大きなポカをしたらアウトでしょうから、そこが取り上げるということは?という見方も出来るなと。

ちなみにその吉田証言の嘘についてはこちら

朝日新聞は今年8月5日付の検証紙面で、吉田清治氏(故人)を取り上げた記事16本を取り消しました。
 吉田氏は存命中、日本の植民地だった韓国・済州島で戦時中、女性を慰安婦にするため暴力を使って無理やり連れ出したと証言していました。
 記事取り消しは、吉田氏の証言を虚偽だと判断したためでした。8月以後、改めて過去の報道を再調査した結果、吉田氏の虚偽証言に基づく記事がほかにも3件掲載されていたことを確認しました。個々の記事には次のように対応し、長期間を要したことをおわびいたします。
 「連載 韓国・朝鮮人2(27) 命令忠実に実行 抵抗すれば木剣」(80年3月7日付川崎・横浜東部版)は全文を取り消し、掲載したことをおわびします。
 この記事は、吉田氏への取材をもとに「2回ほど朝鮮半島に出かけ、“朝鮮人狩り”に携わった」などと伝えています。
 しかし、研究者らへの取材などから、吉田氏が所属したとする山口県労務報国会は、指揮系統からみても職員が直接朝鮮に出向くことは考えにくいと判断しました。慰安婦に関する吉田氏の証言を取り上げた記事と同様に、証言を虚偽と判断して扱います。

船内はあり得ないよ、とな

プロの専門家がいない。いても何もしない。しても制されるので、意見さえも出来ない。厚労省が牛耳っている。とのこと。
そして、「許可を取り消す」「出て行きなさい」と言うことになり、船を追い出された……?!どういうことだ?

DMATの人たちを攻めるつもりはない。だそうです。

DMAT(Disaster Medical Assistance Team)とは、専門的な訓練を受けた医師・看護師などからなり、災害発生直後から活動できる機動性を備えた医療チームである。負傷者が多数発生する災害現場では、DMATが消防や警察、自衛隊などの関係機関と連携しながら救助活動と並行して医療活動を行う。大規模な災害となれば、多くの負傷者に効率良く対応するため、どの負傷者を優先して治療するか、どの病院に搬送すべきかを判断する「トリアージ」も行う。

DMAT隊員となるには、医療従事者であっても養成研修(東京DMATは1.5日、日本DMATは3.5日)を受講しなければならない。また、危険を伴う災害現場で隊員の安全を確保するために、被服・ヘルメット・保護靴などが支給されている。私たちのイメージする「白衣を着た災害現場の医師」はテレビドラマの世界の話であって、実際には存在しないのである。

ちなみにDMATはこれね。

まとめ

色々凄い事になっている。
例えば、フランスでは「こんな差別」が。


細野豪志氏が動画で発信しているぞ。↓


もう、「山本モナと路上でチューしていた人」というイメージを忘れて差し上げていいのでしょうか?

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。