さかなクンの帽子は品位を損なうものではない認定

さかなクンが着帽を許された。

参院国際経済・外交調査会

さかなクンのあの帽子が認められた。

参院規則は委員会室での帽子の着用を禁じているが、さかなクンのトレードマークであるハコフグを模した帽子は「品位や礼節を欠くものではない」として例外的に認められた。

そもそも、あれは、帽子なのか? まず、名前が「さかなクン」なのでしょう? NHKで「さかなクン」と紹介した時に「さかなクンさんと呼ぶべきではないか?」とのクレームが相次いだ。サンプラザ中野くんサンみたいな感じね。さかなクンというのが名前であるならば、ともすれば、あれは帽子ではなく、体の一部という設定かもしれない。いや、そう認められたとも思える。

着帽が認められて嬉しい

さかなクンは「帽子が認められて嬉しい」とコメントしている。そんなにあれは大事なものだったのか? さかなクンとは優しい印象なのだけれど、もしかしてマネジャーとかに(知らないけど)、

「あれかぶれないんだったら、行かねって断っとけ」

とか言っちゃう人なのかな。そんな事はあるまい。なんだか性格的には、「あ、帽子ですね、とるんですね、解りました!」って言ってくれそうな雰囲気じゃないですか。だって、グレート・サスケかなり揉めた事あったよね。

サスケの覆面姿 岩手県議会が紛糾

岩手県の増田知事(当時)はサスケの覆面姿の登庁に「覆面を外すべき」と全国メディアで発言し、物議を醸す。県議会の会派は賛否両論であり、「覆面を外すべき」という声の一方で、「覆面姿で登庁するといって当選したのだから、外すのは投票してくれた人への裏切り」という支持意見も出ていた。
サスケは妥協案として、今までと比べて顔が大幅に見えるマスクを特注。これに対して増田知事が了承してことなどもあり、最終的にサスケのマスク着用は認められることなった。

そういうのを知ってると、「僕外しますよ!」と快活に言ってくれそうな気がするのだが。

もしや・・・・・

ハゲ????

てるのか??????

そんなことはなさそうだが。

ともあれ

参院の国際経済・外交に関する調査会に参考人として出席し、意見陳述するさかなクンはカッコイイ。好きな事があって、それを愛しているまま大人になった。素敵な方、というイメージしかない。そうそう、さかなクンって、テレビチャンピオンにでて有名になった人で、その司会をしていた中村ゆうじサンと芝居で共演した時に、よく観に来て下さってた。それらは宮沢章夫さんの舞台だったのだが、楽屋で、ゆうじサンが「あ、宮沢君、来てるの?じゃ行くわ」なんて言ってて、ビックリした。えっ! どうして演出の宮沢さんのことを本番入ったらいきなり「クンづけ」するのだっ!?と焦った記憶。どうやらさかなクンさんは宮沢くんという人だったそうです。ゆうじサンは、ギャル曽根とか、さかなクンとか、命名しまくってるみたいだ。なんか凄いな。


↑ありがとうギョざいます!とか言ってるwww


↑やはり、皮膚の一部らしい(笑)。

まとめ

今日はとても暖かい日でしたね マル

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください