ぽんぽん山

埼玉県吉見町のポンポン山に行って見たよ。

音が鳴る山

宮川賢MT(ラジオ日本)のロケにて。音が鳴る山、ポンポン山で「ぽんぽん」といった音を録ってこいという指令の下。

実際に行ってみた。まるで人がいない。

ラジオ的なので

そこを歩くとその振動でポンポンと音がするという事で名付けられたポンポン山。これはなんともラジオ的だ。音しか表現出来ないからね。あとはリポーターの情景描写にかかってる。それも、文語を駆使することはなく、大抵感情的な部分で誤魔化す。

「いやー、凄い感動的な景色ですっ! すっごい綺麗!」

みたいなね。

なのだが、まず、どこで「鳴る」のかが解らない。ありゃりゃ。結局、アンチョコを頼りにある程度特定出来たのだが。続きは「宮川賢MT」で。汗。

横穴墓群

で、さて、これで録れ高ってどうなんだろ?と思った所の帰り道、駐車場(なんとポンポン山専用無料駐車場ってのがある)へ戻る途中に看板が。はて。
「黒岩横穴墓群」とな。
おお。なんだ、これ。

早速行って見る事に。この時点で15時すぎなのだが、「なんだ、今日は早いな。時間余ってんじゃん」的な不必要な余裕ぶっこいていたわけです。

ここからが少し厄介だった。ポンポン山駐車場からポンポン山まで行くのに比べると100倍ぐらい長く歩く事になる。しかも、山道(ふるさと小道という名の)を。あちゃあ。最初は、人がまるでいない山道をどんどんアップダウンするので怖かった。空は徐々に薄暮の彩り。

そりゃそうだ。考えて見ればわかる。墓なんだからさ。墓群なんだからさ。そんな解りやすい所にはあるまいて。うむ。

ネットで調べてみると「ポンポン山から黒岩横穴墓群までの散歩道は人気のコースです」なんて書いてあるんだもの。なんだ、人気か、じゃあ行って見よう、てなワケだ。甘かった。

ほんのちょっとだけ歩いてすぐに戻って夕方からは家でこの素材の編集をして完パケをして、検聴担当者に手渡す予定だった。嗚呼。残念。

黒岩横穴墓群と書かれている看板と「横穴群」と書かれているのがある。墓と記さないのは今は墓ではないからか?

迫力

閑散としたルートを通って辿り着いた谷底の黒岩横穴墓群。通ったルートで人一人ともすれ違わなかったので、もの凄い迫力を感じる。そもそも、横穴が怖い。闇がこちらを睨んでる。本当に怖い。恐怖感激しい。震える程だ。何しろ、野性的な放置状態の墓群なのだ。

黒岩横穴墓群。スマホカメラなので、勝手に露出上げちゃうので明るいけど、薄ぼんやりとした黄昏時に並んだ闇に睨まれるのはかなり怖い。

近くには、蛇のイラストの看板がある。そうか、蛇が出るのか。蛇の道は蛇。

八丁湖公園

だが、そのすぐ近くに公衆トイレがある。ふむ。おしっこしてから帰ろうか、と行って見ると、いきなり、開けた。そのトイレは、八丁湖公園のほとりにあったのだ。

いきなり抜けるような水辺の景色。あらあ。こんな素敵な所があったのね。近くだったのね。

湖上を歩いて水鳥観察も出来ちゃう素敵な癒やしの場。

紅葉も綺麗。八丁湖公園。

なんとも癒やされる。中年・老年ご夫婦の散歩道。二人で仲睦まじくウォーキングしているカップルが10組以上はすれ違った。
人間が近づいても水鳥が「ばささっ」と逃げないのがなんとも嬉しい。動物からは嫌われているという自覚しかないのが東京人(涙)。

こっちがメインであって、なんだか裏側から八丁湖公園にアクセスしたらしかった。この湖の周りのウォーキングコースからちょこっと足を伸ばしてみるのが「黒岩横穴墓群」だったようだ。なんと。ありゃりゃ。道理で閑散としたルートだったワケだ。

だが、僕はまた(駐車場がそっちなので)閑散としたルートを通って帰って行く。帰りは恐怖心がないから、足は軽やか。ふー。

吉見百穴

そして、だったら、ついでに近くの観光地(汗)、吉見町の吉見百穴に行って見よう。ギリギリ間に合うぞ。すぐ近くなのでね、行って見た。

吉見百穴。ひゃっけつだとずっと思ってたけど、ヒャクアナだった。

受付のお姉さんが、これ貸してあげますよ、とライトを貸してくれた。これで光ゴケを見てください、と。闇の中に生息する光ゴケも、光を当てると光るんです!とな。ほほお。じゃあお借りします、とね。あのお姉さん俺に抱かれたいんだな、きっと。ふふ、可愛い人だ。←違う。
完全に観光地化していて、逆に不思議な感覚。アンコールワットの時にも感じた違和感。

穴のすぐ近くで見られるのは嬉しいけれど。穴の5メートル離れない場所に土産物屋さんがあるのよね。

これは、これで、感動する。数。保存状態。意義。風俗。生活感。死生観。色々。カオス。考えれば考える程、悩ましい。そして、軍の為の洞窟。ううむ。

まとめ

地元の人もそうそう行かない場所らしいけれどね。涙。

百穴の土産物屋さんで五家宝を買う。どんなものかは解ってる。駄菓子の姿を隠した和菓子。でも、何か買いたい。そう思わせる場所。俗物だな。俺。「せっかく来たんだから」みたいなことか。

この土産物屋さんのオヤジさんから驚愕の事実を聞かされる事になる。それは、12/6放送の「宮川賢MT」で明らかに。(なぜ引っ張る←だってショックだったんだもの)

ショックだった土産物屋さんのオヤジさんからの言葉とは別に、このオジサンから言われたのは「あー、B級スポット好きなのぉ?」だった。

そうそう。そういう事でいい。

なので、番組宛に指令を送って下さい。
宮川賢MT番組宛メールの宛先はこちら
なるたけ指令に沿うよう頑張ります。えへへ。


なんとDateFM聞こえるらしいぜ↓








ブログを更新するタイミング。メールを吸い込む時ね。PCで。毎日数百通の迷惑メールが来るので、結構時間がかかる。その間にこういうのを書いてイライラ防止ね。きらーん。

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください