劇伴とナレーション

劇伴とナレーションの組み立てが終わり、なんとも形になりつつあって、ドキドキしている僕です。

Wobble_Boy

Wobble_Boyは、とあるスイッチを入れた公演なので、感覚的に思い出される事が複雑に沢山あって、単純な再演以上の覚悟が必要で。色々思い出されるけど、それはクールに「いやぁ、あの公演を再演するってだけだから」とシンプルに気持ちを切り替えなければなりません。当たり前だけど。

ナレーションその他

音の組み立てをやっています。当時の音をそのまま使うものもあります。今思えば、ちょっと懐かしい音源もあり。当然Wobble_Boyなので、Wobble_Bassをイメージしてシンセベースを色々駆使して使い倒した記憶もある。チラシの裏面になっている、u-heのtyrell(なんと無料!)を弄って弄ってイジリ倒した記憶もこれまた懐かしい。

Wobble_Bassのぼうに、バウバウ動く心の中が猛烈に激しいものの、同様にWobble_Bassのサイドチェーンのようにスカッと裏でヌケてる部分(他人)は、まるでどこ吹く風ってのも主人公野月の環境に通じており。

助手の瀬戸ひろみ

助手の瀬戸ひろみは前回「brave」で主役演技だったので、今回はバイプレーヤー演技を。だが変わらぬ部分もあるので、演出武装する部分もある。その辺りは首尾良く行った。アヤナ役の北澤友梨枝さんも、助手の瀬戸さんも、稽古を一日それぞれすることで「四輪全てがレールに乗った」ので心強い。でも、こっから、漕げないと進めないので、予断は許さない。引き続き頑張ろう。と思う土曜日の夜。

ビタ店にて販売中

チケットはこちらで発売中です。来てね☆

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。