胸熱☆21世紀のシンガー・ソング・ライター・アルバム・ベスト100【ミュージックマガジン】

ミュージックマガジンは創刊50周年。へぇ。すげー。ということで、
今年は毎月、見逃せない企画をやっている。かなりの作業量だと思われる。毎年やってってのは無理だけど、永久保存版の号ばかり。

シンガー・ソング・ライター・アルバム・ベスト100

ランキングを毎月やってて、今月はシンガー・ソング・ライター・アルバム・ベスト100。すげー。これだけでワクワクするよね。
だが、見て見たら、残念なことに、100枚のアルバムの中で、僕が持っているのは21枚しかなかった。もっと沢山聞こうと思ったよ。

1位が何だったかは書かないよ。是非、ミュージックマガジンを買いましょう。編集の人に悪いからね。それ載せるのって、袋とじ開けたのを載せるような感じがして申し訳なくて。

ミュージック・マガジン 2019年 6月号

新品価格
¥823から
(2019/5/19 22:02時点)

僕が持ってて好きな奴

Sufjan Stevens

かなり上位に入っていた、Sufjan Stevens。大好きなんだけど、ちゃんと世界的にガッチリ評価されててヨカッタ。本当にミュージックマガジンには救われる事、多いなぁ。こんなん聞いてるの俺だけかなぁ、とか思うんだけどさ(とりわけラジオやってるとAKBとか聞かないとならないのかなぁとか思うんだけどさ)、上位に何枚も入ってて嬉しかった。うひゃほーっ!

Carrie & Lowell

新品価格
¥633から
(2019/5/19 22:07時点)

Joe Henry

ルーファス・ウェインライトとか、ノラ・ジョーンズとか、ヴォン・イベールとかが入ってるのは理解できる。ベックもね。この辺りは、ミュージックマガジンなら入ってるだろうと。入ってたらいいなぁって思いながらページをめくってたら、出てきたので嬉しかった。ジョー・ヘンリー。

Civilians

新品価格
¥1,579から
(2019/5/19 22:12時点)

Juana Molina

wed21。これも嬉しかったなぁ。あっ!入ってる!って。この企画、ホント熱い。

Wed 21

新品価格
¥1,500から
(2019/5/19 22:16時点)

Devendra Banhart

デベンドラ・バンハート。デベ様ね。ぐにゃぐにゃ、フリーフォークの王子様。何回聞いたか解らない。つん☆つんの単独公演の客いれでもかけたような気がする。

Cripple Crow

新品価格
¥1,500から
(2019/5/19 22:19時点)

Meshell Ndegeochell

名前がいつになっても覚えられない、ミシェル・ンデゲオチェロ。天才だね。こういうのがちゃんと入ってるのが嬉しい。
音楽のオタクっぽくて、それでいてちゃんと楽しんで作ってて、昇華させてる。ミックスの妙味も。

ボブ・ディランが何枚も入ってるのも嬉しかったし、落ち着くけど、こういうのが忘れ去られていないのが嬉しい。

Comet Come to Me -Digi-

新品価格
¥1,421から
(2019/5/19 22:24時点)

Ron Sexsmith

ロン・セクスミス。おっさん、頑張ってる。

Carousel One [12 inch Analog]

新品価格
¥1,967から
(2019/5/19 22:27時点)


あと、バシュティ・バニアン、リサ・ハンニガン。とか入っててキュンと来たアルバムだった。あ、いや、勿論、有名どころもちゃんと入ってるのよ。ジョン・メイヤーとか。デビッド・ボウイとか。ポール・サイモンとか。

Jack White

ジャック・ホワイトはとりあえず出たら買う。間違いなく。そんな人の代表格。

Boarding House Reach [Analog]

新品価格
¥2,415から
(2019/5/19 22:33時点)


やべー、色々ちゃんと聞きたくなってきた。汗。

まとめ

反省したのは、知らないアルバムが沢山あったこと。ちょいと自己嫌悪。ともあれ、みんな、アルバムはCDで買うのがいいと思うよ。確かにPCに取り込むのとか面倒だけど、形でそこにあり続けてくれると嬉しいし、所有感はんぱねーす。僕は、オッサンということもあるが、何度もNASをクラッシュさせていることもあるが、ネットで曲を買った事がないです。えへへ。

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。