国際賞を受賞したアニメ「Abita」が日本で有名にならない理由は単純な事であり、だなぁ。

国際賞受賞したのに、それが報道されない理由。


ABITA

Abita from Uki Uki Studio on Vimeo.

まずは↑これを見て頂戴よ。3分ちょっとなんで。


これが国際賞を受賞してもそれを放送しないマスコミはやはり東京電力からこれまで沢山スポンサードしてもらってきたからであって、今でこそ、東電のCMは流れていないが実は金はちゃんと放送局に流れていて、そういった口封じを考えれば当然、これが受賞した事は報じられる事もないでしょうね。これがアカデミー賞とかなら別でしょうけれど。

民放は商売

民放はお得意様なので、電力会社に悪いイメージがつくような放送や報道はなるたけしたくない。それは民放だからしょうがない。要は商売でやってますからね。人が金儲けでやってることを鵜呑みにする側が問題であり。
だが、政府はどうだろう。

政府は

確かに癒着も沢山してるし、もはや国営のようなものだけど、そうなると一心同体なので、電力会社を「責められた立場じゃない」ってことね。
理想で、色々動くとエネルギー足りなくなるよ。経済活動営めなくなるよ。それはマズイよね。じゃあ、この部分は泣いて貰うしかないね。というプライオリティで犠牲になっている地域や人々や職業が沢山あるのだろうなぁと思うナリ。

まとめ

つまりこれが受賞したことが報道されないのはおかしいよ!という単眼的な話じゃないぜって事ね。(諦念)


投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。

「国際賞を受賞したアニメ「Abita」が日本で有名にならない理由は単純な事であり、だなぁ。」への1件のフィードバック

  1. 2012年の作品であり、受賞は2013年ですから、この先どんなに待っても2019年に報道されることはないと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください