空と芝生

GR3にてテスト撮影(曇天と影に強っ!)リコー

リコーのGR3を購入してから数週間。毎日持ち歩いてはいないものの、外へ出る時はなるたけポケットに忍ばせる。そして、撮影してみたら、なかなか面白い。

2.8で充分

2.8で充分明るいし、ボケも出るし、素敵だよ。GR。さすがだね。ただ、やはり今はこういうご時世だから、道ゆく人をバシャバシャ撮影出来ないのが悲しい。前はバンバン撮影してたけどね、今は盗撮になっちゃう。梅佳代がスナップ写真で写真集出さなくなったのは、やっぱり、各個人とのその手の折衝を丁寧に進める事の難しさなのかなぁ、と思ったり。


ともあれ、色々撮影してみた。


単純に、ファインダーを覗くという作業が割愛されてもちゃんと撮影出来る。


画面を指で触ればそこにピントを合わせてくれるので便利。


露出もすぐに変えられる。慣れてきたら簡単で仕方ない。


プラス補正もマイナス補正もヤリタイ放題。


黒いのはマイナス、白いのはプラスね。


そして、いくばくかの要素をフォトショで現像すれば。ね。

ありがとうGR。これからも宜しくね、GR。

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041

新品価格
¥108,355から
(2019/4/15 22:47時点)


撮影場所:秋山川キャンプ場、石岡ファーム、松戸、大塚、浅草、柴又帝釈天、他

人のを見てると、これまたもっともっと撮りたくなりますな。
これまでNIKONの一眼レフに28ミリの単焦点つけてたけど、ありゃ。だったらGRでいーじゃん。なんて気付くのが猛烈に遅い僕。バイクと同じで「取り回し」って大事だよね。「乗る」って気持ちにならないと乗れないからね。同じ事だぁ。

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください