Mark Barrott “Nature Sounds Of The Balearics”

何しろよく聴くCDがマーク・バロット。

モダン・バレアリック

というイビサ島でのノリノリの曲ってことらしいけど、まぁ、暑いようでそうでもなく、とはいえチルアウトほどまったりでもない雰囲気というまあいつも通り的を射ないジャンル分けの一つなので、よくわからないコトばかりだけど、それはそれは素敵な曲です。

そもそもインストって、

そもそも、洋楽が好きなのは、英語がわからないからであります。まるで英語が喋れないし聞き取れないから(旅行だと頑張るけど)、歌を聴いても頭を占拠しない。聞き流せる。その割に人の声だから心地良い。

そこから、歌ナシのインストを好きになって行き、ロックだとモグワイとかね、いつまででも聴いていられる飽きない世界をそこに見出す。

そして四つ打ちにどっぷり。

マーク・バロット

で、マーク・バロット。これと、Smith & Muddがヘビーローテされてる自室です。

では、なんで、TBSラジオで今やってる番組で邦楽のロックをかけているのかというと、そうです、歌詞があって、それを聴かせる為ですね。頭で聴くラジオね。曲間にやりとり演技を入れてるのも、何しろギューギューに言葉を詰め込んで、ながらではまるで聞きづらい番組にしてやろうというカルピスの原液みたいな番組を目指そうと始めたからね。つまり嫌いじゃない。

歌も好き。

ということで、歌モノも好きは好き。別腹。なんでしょ。フェチな人でもそのフェチ系異性以外にも性的魅力を感じたりするでしょ。それとおんなじ感じ。大好きなのは、My Hair Is Bad。井乃頭蓄音団。青葉市子。永遠に好きなのは曾我部恵一さんね。

投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。