一頁に400円

たった一頁に400円ぐらいの価値を見出してもいいじゃないか。
と思う事もありますよね。

本日、ラジオ日本「宮川賢MT」のロケに東武動物公園に出向いた宮川賢です。興味深いのは、ウンコよりツバの方が臭いということです。詳しくは放送をお聴き下さい。毎週金曜日25時30分からやってます。

管見妄語

藤原正彦の管見妄語は週刊新潮の人気連載コラムで、猛烈に好きであります。濃い1頁。この420円の雑誌のうち、400円がこの一頁に値すると思っている。というか、それぐらい好きであり、それぐらい他の客寄せ記事に魅力を感じない。正確には、新潮の客寄せ記事云々よりも、芸能ワイドショーネタに興味がない自分の性格が問題。きっとテレビ大好き有名人大好きな人には面白いのでしょう。だからその記事があるわけでしょうし。

一流大学出身?

「カウボーイの蛮勇」というタイトルの今週号も出色で。

要約すると、「ちゃんとした人」と思われている人は実は大した事をしてなくて、「ダメな奴」と思われている人が大きな功績を残しているという皮肉は現実にあるよねって話を国の長を例に展開している。それはそういう論理検証をしているのではないので説教がましくなく。

サッチャー

サッチャー首相は鉄の女として財政赤字を克服したが、その小さな政府や規制緩和を大々的に進めた事により、労働者階級での評判は最悪だし、死後には死を祝う集会が開かれた。

ルーズベルト

日露戦争を終わらせノーベル平和賞を受賞したが対日戦争計画「オレンジ計画」を裏で策定、排日移民法の端緒を作った差別主義者だった。

ウィルソン

ウィルソン大統領は、パリ講和会議をまとめて、国際連盟を発足させノーベル平和賞を受賞。だが国連憲章に「人種差別禁止を盛り込む」という日本が提出した歴史的提案を採決の末十一対五の大差で通ったのに、「重要な案件は満場一致じゃないとダメ」と一方的に否決してしまった。これは排日移民法とともに大東亜戦争の遠因になったと「昭和天皇独白録」に記されているらしい。

同様に、カーターもオバマもノーベル平和賞を貰ったけど、どちらも色々問題だらけ。カーターはアフガン侵攻を引き起こし、オバマは中国の無謀な軍備強化などをザルのように見過ごしやらせ放題。

このように、「一流大学出身のノーベル賞を受賞したアメリカ大統領」は、期待も高くそれなりに色々やったようにみえて、実は大した事はなく、それどころか問題は先送りになっていることやくすぶっていた事を大きな傷にしてしまったケースが多く、逆に「売れない俳優出身のレーガン大統領」はお馬鹿さんに見えてその実、色々やっているとな。

カウボーイ?

レーガン大統領は、ソ連を「悪の帝国」として、国防費を大幅に増額してスターウォーズ計画を推進。中南米では、親米政府以外をあらゆる汚い手で潰しにかかる内政干渉しまくり。

「この人、馬鹿だっ?!」

と地球上の誰もが思っただろうレーガン大統領だけれど、数年経つと、米国の軍拡に追いつこうと頑張ったソ連が財政破綻し、ついには共産党政府が潰れ、東欧が解放され、冷戦が終結した!!

結果的には、世界史に残る快挙となった。

で。トランプさん

そこで現在のトランプ大統領だが、レーガンに輪を掛けた無教養と蛮勇に加え、下品と傲慢を絵に描いたような人間だ、と藤原さん。戦後自由貿易を否定するかのような「関税戦争」を仕掛ける破天荒。だが、この貿易戦争を仕掛けられている中国が、強引なトランプのやり方に屈し、経済が潰され、共産党独裁政府を倒し、民主化を実現!なんて事になったらっ?! それはそれは、世界史に輝く人物になることは間違いない。

正に、偉大な変革は知識人ではなく、カウボーイにしか出来ないのかもしれない。

サラリーマン的

ここで僕はまた「鴻幹、下戻で温泉ウハウハ」パンフレットに書いた事に立ち戻る。そう、隈研吾と養老孟司の「サラリーマン的」では建築は出来ないという話。リスクを恐れず、単一化を嫌い、多数決で決めないで物事を進めなければ、糞つまらない世の中になるぜって話に、激しく同意。それを思い出した。

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫) [ 養老孟司 ]

価格:496円
(2018/10/3 23:40時点)
感想(0件)


で、藤原節に戻すと、こういうこと。大きな事は、馬鹿な人じゃないと出来ないんじゃなかろうか? てな話。結果論と切り捨ててしまえばそれまでだけど。

僕の感想

ニュースで「敵」を作り、叩きにかかるのはシンプルな構造で伝えやすい。複雑な事は興味の対象から外れやすい。だから松本サリン事件みたいなことになっちゃうのだろうか。
文句だけ言ってるコラムや社説が多い中、藤原正彦さんのこういう所は、大好きです。まぁ叩くだけだろうが社説さえない新聞社も地方にはあるので叩くだけマシのようだけどね。

僕が藤原先生のどういう所が好きかってのは、これまた別の機会に。

関係ないけど、僕はZ6が欲しいです。


投稿者:

Miyacolor

まぁ、なんとなく楽しく生きていますよ。それで十分でありながら、それでいいのか?って自問自答する日々ですかね。