(#106)観客に話しかけられたらしいぜ。

俺は乗らないライダー!
No Run ! Night-Rider!
宮川の芝居の観客が、
どどんがサン、大丈夫ですか、
と宮川に問うていたらしいぜ!
俺は大丈夫だぜライダー!

mt_0910014.jpg


それより。あれ。初回無料点検のチケットを使って(=芝居が終わったら)行こうと思っているバイク屋さんだけど、初回点検って、えーと、50日もしくは1000キロって書いてある。もしかして、もはや150免停食らった後となると、「有料」になるのか? 何もしていないのに点検ってどうよ。まぁ、何もしていないということでもなく、そうそう、エンジンはかけているし、それなりに汚れてきたけど(かなしー)、でも、走行距離は未だに0キロ。正確には0センチ。0ミリ。だって、エンジンかけてギアを入れた事がないからね。それってゼロミリだろ?
あれ。てか、バイクの乗り方、思い出さないといかんよね。そろそろ。初日を終えたってことは、千穐楽まで一気だよね。そうしたら、そのままクリスマスだよね。乗るよね。初乗りだよね。姫始めだよね(違う)。
ええと。バイクは、うーんと。
まず、鍵を突っ込む、エンジンかける。またがる。バイクをおこす。で、左足でスタンドをチャコンと払う(=教習所ではこれだと減点だけど)。で、クラッチを握って、シフトチェンジしてローに入れる。下に踏む。よね。
で。右足ブレーキを踏んでいたものと右手でブレーキを握っていたものを少しずつ離してスタートする。その際、グラトラの250とは大きく違うので、要注意。かなりゆっくり離していかないとね。で、とろとろ滑り出して、加速したらセカンドにシフトアップしていく。うんうん。思い出してきた。思い出してきたぞ。嗚呼、この感覚。一時的なものとはいえ、ここで乗ろうと決意したのは他でもない。この「忘れちゃうんじゃないの?」問題だ。
免停の短縮講習を受けている時は、免許が戻っても「来年の(=2015年)12月7日まで乗るもんか」と思っていたが、それはそれで考え物か?と思えてきた理由。そう言わずに一度乗ろうよ!と思ってきた理由。
1)そんなに乗らずにいて、バイクが大丈夫なのかよ?問題
2)YAMAHAのリコールを早めに直して置いた方がいいんじゃないの?問題
3)一年半も乗らずにアイドリングだけしてて、急に乗ったらぶっ壊れたりするんじゃねぇの?問題
4)バイクの乗り方を忘れてしまうんじゃないの?問題
5)やはりバイクは乗りたいよ!という気持ちを再確認しておくことで1年の道のりを我慢するガッツが持てるようになりたい問題

この箇条書きにして細分化して整理するのは「Wobble_Boy」の野月のようだけれどね。まぁ、書いてるのは宮川なんで、俺のマブダチなんで、似てておかしくはないがね。
だが、Wobble_Boyを観に来た観客男性は「でも乗ってすぐに点数切られたりすることがないようにしないと、ですよね」と言っていた!
ずおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ! ずおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ! 不吉な事をいわないでえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええっ!
俺は乗らないライダー!
No Run ! Night-Rider!
クリスマスが近いというより
バイクに乗れる日が近いということが
嬉しいぜ!
何より「初めて大型バイク」で路上に出る!
ということの緊張とワクワクを隠せないぜライダー!

そのあとすぐにまた「アイドリング儀式」の1年に突入する。
つまり、仮釈放のようなものだがね。ううう。